【知っておきたい】飲む日焼け止めの口コミランキング

1年中美白ケアを行うのが常識とも言える現代。昔は、日焼け止めと言えば、紫外線を防ぐ効果も弱く、肌を痛めやすいものでした。しかし、シミやたるみ、などの紫外線のもたらす脅威が知れ渡るにつれ、日焼け止めも改良が進みました。紫外線を防ぎながらもお肌にダメージを与えない日焼け止めが増えてきています。

 

さらに、クリームタイプのみでなく、スプレータイプの日焼け止めなど使い勝手の良いものも出てきています。そして、ここ数年口コミでブームになっているのが“飲む日焼け止め”です。

 

 

飲む日焼け止めは、日本のみならず、ヨーロッパや韓国など海外でも話題となっています。お肌に塗るタイプの日焼け止めでは、何度も何度も塗りなおす手間が必要です。しかし、飲む日焼け止めは、その名前のとおり、飲むだけなので非常に楽です。しかし、お肌に塗らなくても日焼け止め効果が有るなんて、ちょっと不安も有りますよね。

 

このサイトでは、飲む日焼け止めの効果や、どのような商品が有り、商品ごとにどのような違いが有るのかをご紹介いたします。“飲む日焼け止め”について興味が有るけれど、何となく手が出せずにいる。そんな人にとって、情報収集のお役に立てたらと思います。

 

 

飲む日焼止めはどのうよに紫外線に対する効果

 

まず、飲む日焼け止サプリが、どのように日焼けを防ぐ効果があるのかをご紹介いたします。塗るタイプの日焼け止めと“飲む日焼け止め”の違いをザックリ説明すると、

 

塗る日焼け止めは紫外線を防ぎ、
飲む日焼け止めは紫外線によるダメージを防ぎます

 

お肌に紫外線を浴びると、お肌の内部では様々な反応が起きています。たとえば、たっぷりと直射日光を浴びた直後はメラニンの生成が促進されるので、お肌が黒くなりますよね。これは目に見える変化なので、イメージしやすいと思います。しかし、紫外線は目に見える所以外でも、お肌に様々なダメージを与えているのです。お肌表面に届いた紫外線はお肌の炎症を起こし、乾燥やしわ、肌荒れの原因になります。

 

 

お肌内部まで侵入した紫外線は、真皮にダメージを与えてシワ・たるみの原因になります。また、紫外線は活性酸素を発生させてお肌の老化を促進したり(光老化)、皮膚がんを引き起こしたりしてしまいます。
飲む日焼け止めには、これら紫外線が引き起こすダメージを防ぐ効果が有ります。その具体的な効果は含有されている成分により様々です

 

たとえば、この後ご紹介するヘリオケアに含まれているFernBlockという成分には、抗酸化作用、免疫防御作用、細胞DNA保護作用、皮膚構造の保存などの機能が報告されています。なので、お肌内部に紫外線が侵入してきた時に、真皮にダメージが与えられ繊維質が変性してしまいシワやたるみが出来てしまうのを防ぐ効果が期待できます。また、抗酸化作用によって活性酸素に負けない、つまり老化しにくいお肌に近づく効果も期待できます。

 

このように、お肌表面や内部に降り注ぐ紫外線自体ではなく、それによって引き起こされるダメージを軽減・解消させる働きを持つ事が、飲む日焼け止めの特徴です

飲む日焼止め成分は2種類

現在、様々な種類の飲む日焼け止めが販売されていますが、それらに含有されている主成分は、大きく2種類に分けられます。

 

海外製の飲む日焼け止めであるヘリオケアで用いられているFernBlock
日本製の飲む日焼け止めで主に用いられるニュートロックスサンです。

 

FernBlockを含有している製品“ヘリオケア”は、飲む日焼け止めブームのきっかけとなった商品です。もともとは、美容クリニックなどの医療機関での取り扱いが多かったので、認知度はそこまで高くありませんでした。しかし、紫外線対策の重要性が徐々に高まり、それと同時にTVや雑誌での特集が増えることで、一般の人々にも知られるようになりました。

 

医療機関で使用されていた、という事からも想像が付くように、FernBlockの美白効果はさまざまな実験で確かめられている信頼性の高いものです。FernBlockという成は、ホンジュラス原産のシダ植物の1種です。

 

紫外線防御効果の他、抗炎症作用、記憶力改善、自己免疫疾患に効果が有るとされ、ホンジュラスでは今も民間療法として親しまれています。FernBlockの効果・効能については、ハーバード・メディカルスクールの光防御分野における第一人者たちによって15年間にわたる調査および臨床研究が行われました。そして、その結果が10報以上の科学雑誌に掲載されました。現在では、紫外線照射に対する多くの効果が認められています。

 

 

一方、ニュートロックスサンはシトラス果実とローズマリーの葉から抽出された複数の天然ポリフェノールを特定の配分で混合したものを言います。ポリフェノールは、植物が合成によって生成する色素や苦み成分などの総称を言います。さまざまな食品や化粧品に使われていて、お茶から抽出されるカテキンや、ブドウが含有するアントシアニン、大豆のイソフラボンなどが有名ですよね。

 

 

ニュートロックスサンの効果・効能に対する研究では、紫外線を浴びる前でも、浴びた後でも紫外線ダメージを和らげることです。よって、紫外線を多く浴びてしまった日のアフターケアとしても利用できます。

 

また、継続的に飲み続けることで、紫外線防御効果が高まるという効果も示されています。お肌を根本から、紫外線に強くしてくれるのは嬉しい特徴ですよね。

 

 

FernBlockとニュートロックスサンどっちを選べばいい?

 

飲み日焼け止めに配合されている2つの成分、FernBlockとニュートロックスサンの特徴についてご説明してきました。さて、それでは一体どちらの成分が配合された製品を選ぶのが正解なのでしょうか。

 

簡単に言うと、どちらの成分にも一定の効果が期待できます。

 

信頼性で選ぶのであれば、FernBlockを配合しているヘリオケアがオススメです。数多く重ねられてきた研究と長年製品を販売してきた実績があり口コミでも人気です

 

しかし、ヘリオケアの購入は皮膚科や個人輸入が多いです。ニセモノがあると聞いたことがあるので注意が必要な点が欠点と言えます。

 

 

一方、日本製の飲み日焼け止めはまだ歴史が浅く、実績を積み重ねるに至っていません。しかし、日本の会社が作って販売しているという安心感が有ります。

 

そして、日本人の肌質や需要に合わせたプラスα成分が配合している点が魅力です。やはり、日本人であれば安心の日本製、そして自分の肌質に合った飲む日焼け止めを選ぶのが正解ではないでしょうか

 

 

 

日本製の飲む日焼け止めはニュートロックスサンが主成分ですが、配合されているだけでは駄目なんです!ニューロックスサンが微量しか配合されていないケースもあるのです。ニュートロックスサンが一定の量を配合されている製品には日傘ロゴが付いています。

 

※超重要!

ランキングに入る前に以下の記事を一度目を通して下さい。

日傘ロゴは配合量が多い!ニュートロックスサンの飲む日焼け止め比較

飲む日焼止め口コミランキング

日本製の飲む日焼け止めには、主成分のニュートロックスサンに加えて、美容効果・エイジングケア効果を持つ成分が配合されています。一口に日本製の飲む日焼け止めと言っても、多くの会社からさまざまな製品が販売されています。自分に合った飲む日焼け止めを選ぶポイントはプラスα成分の内容と価格です。口コミで人気の高い製品をランキング形式でご紹介いたします。

 

 

 

ホワイトヴェールの特徴

美容コスメ香水、日焼止め・UVケア部門ランキング1st。美容家監修。ニュートロックスサンを高配合1日当たり250mg配合されている日傘ロゴ付きの製品です。医薬品などの品質管理基準をクリアした国内GMP認定工場。口コミでも人気で成分の配合もよし!コスパもよし!

価格 初回980円/継続縛りなし/2回目以降4980円
評価 評価5
備考 90日間返金保証付き
ホワイトヴェールの総評

1位はホワイトヴェールです。何といっても圧倒的な人気があります。モデルさんが愛用していたり、様々な雑誌やブログに掲載され口コミが広がっています。 ホワイトヴェールには白肌に欠かせに美容成分が凝縮されています。ザクロエキス/メロンプラセンタ/ルテイン/クロセチンをはじめ、100%オーガニックビタミン&ミネラルを贅沢配合。グァバ/アムラ/レモン/ホーリーバジル/トマトなど。人気NO1の飲む日焼け止めサプリメント。

 
 

インナーパラソル16200の特徴

インナーパラソル16200もニュートロックスサン推奨量配合されているので日傘ロゴのある商品です。ニュートロックスサン以外にもパインセラ・コプリーノ・ビタミンC・ミタミンPを配合。美容成分を全てあわせると16200mgにもなります。安全・安心にもこだわっているのでオススメできる商品です

価格 定期初回500円/継続3回/2回目以降5980円
評価 評価4.5
備考 返金保証なし。定期継続ボーナス特典あり
 
 

ビセットホワイトイメージ

BISET WHITEの特徴

ニュートロックスサンの配合量は明記されていませんが、高純度13種類の種類の植物由来成分が配合されています。濃密なポリフェノールで太陽から守ってもらえること間違いなし。またコスパもよく、定期縛りがありません。定期で購入して1月あたりの価格はランキング内では最安値です。チェックする価値はアリ。

価格 定期初回980円/継続縛りなし/2回目以降3980円
評価 評価3.5
備考 15日間返金保証あり
 
 

美百花の特徴

美百花はニュートロックスサン250mg配合している数少ない高配合の飲む日焼け止めです。毛穴・ハリ・シミと3つのトリプルアンチエイジングできる商品です。初回価格はワンコインと非常に安いですが、継続4回が必要です。口コミでも人気が急上昇していることもありランキングは2位にしました。

価格 定期初回500円/継続4回/2回目以降5980円
評価 評価3
備考 返金保証なし
 
 

ホワイタスの特徴

ホワイタスも、多くのモデルさんに愛用されています。主成分のニュートロックスサンの他、リコピンや豊富な種類のビタミン類を含有しています。保湿効果が高いことから、乾燥肌や敏感肌が気になる方にオススメです

価格 初回1980円/(クレジットカード決済なら980円)/3回継続/2回目以降4980円
評価 評価3
備考 90日間返金保証
 

 

このランキングは口コミの評価だけでなく、飲む日焼け止めサプリで重要なニュートロックスサンが推奨量250mg配合。継続回数・コスパの3点で比較を行いました。1位〜3位の特徴を紹介していきます。

 

 

ランキング1位のホワイトヴェールは4粒でニュートロックスサン250mgを摂取することができます。60粒入りなので仮に毎日、4粒飲めば、半月で1袋使ってしまうことになりますが、毎日4粒飲む必要もないと思います。

 

太陽をあまり浴びない平日は2粒。休日や連休など外にいる時間が長い場合は4粒なと使い分けれます。定期縛りがなく、90日間の返金保証もあるのでバランスが非常にとれている商品なので1位です。

 

 

ランキング2位のインナーパラソル16200はニュートロックスサンが高配合の商品です。2回目以降の価格はホワイヴェールより1000円高いですが、2粒で推奨量の250mg摂取することが可能できます。1粒でもホワイトヴェールの2粒に相当するニュートロックスサンの配合量。使い方次第ではコスパはホワイトヴェルよりいいです。「外に頻繁にでる仕事をしてる」「海や山のレジャーを頻繁にする」こういった方にオススメです。定期3回継続の条件がなければ1位でした。

 

 

3位のBISET WHITE(ビセットホワイト)はニュートロックスサンの配合量は明記されていませんが、コスパは最強です。定期縛りがなく、2回目以降の価格も3980円と私が紹介しているランキングでは最安値です。なるべく低価格で、好きなタイミングで休止・解約をしたい方はにはオススメです。

 

 

 

・初回980円(税込・送料無料)
・定期縛りなし
・2回目以降は4980円(税込・送料無料)
・1日あたりの価格は初月、16円
・ニュートックスサン1日250mg(日傘ロゴあり)
・植物由来100%
・ビタミン類は栄養機能食品表示を認められる量を配合
・90日間の返金保証があり

 

ニュートロックスサンの配合量・成分・コストパフォーマンス・加味して総合的面ではホワイトヴェール。口コミの評判の高くbPです。初回980円で定期縛りがないので、好きなときに解約できます。どれにしようか迷っているならばホワイトヴェールを試してみることをオススメします。

▼▼▼

ホワイトヴェールの980円特割情報

 

 

飲む日焼け止めサプリメントを試す前に読んでおこう

 

紫外線はクリームで対策するのが当たり前でした。ここ数年で耳にすることが多くなった飲む日焼け止め。体の中から紫外線を対策するって、不安で副作用が心配になりますよね。
飲む日焼け止めの副作用やアレルギーは?!こんな人にはオススメできない

紫外線の予防をすっかり忘れた!やばい!!
飲む日焼け止めサプリは紫外線を浴びたしまった後からでもケアできるっていわれているけど、ほんとのところはどうなの??
飲む日焼け止めサプリは日焼けしたアフタケアも可能

飲む日焼け止めは別名『日傘サプリメント』とも呼ばれています。では、紫外線を浴びるどれぐらい前にサプリを飲めばいいのでしょうか?そしてどれぐらいの持続効果があるのか?
以下の記事ではその具体例を紹介しています
飲む日焼止めサプリを飲むタイミングは?持続効果は!

 

乾燥肌や敏感肌は日焼け止めクリームも考えて使わないといけません。質問で敏感肌でも飲む日焼け止めは大丈夫ですか?っと聞かれることがあります。肌質は関係ありません。ですが、選ぶ基準として+α要で保湿の多いものがオススメです。
飲む日焼け止めサプリは敏感肌やアトピーでも大丈夫?

 

飲む日焼止めはいつ飲めばいい?

気象庁より
さて、飲む日焼け止めはいつからいつまで飲めば良いのでしょうか。
これも理想論を言えば、1年中飲み続けることが望ましいです。

 

しかし、美白ブームと言えども1年中、塗る日焼け止めと飲む日焼け止めを続けるのは疲れますよね。

 

1年のうち紫外線量が多いのが4月から9月にかけてです。

 

 

紫外線が特に強い期間に集中して紫外線ケアをしたい方は、この時期に行うのがオススメです。さらに楽をしたい人は、アウトドアや外で過ごす時間が長い日のみのスペシャルケアとして飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを併用することもオススメです。ご自分のライフスタイル、性格に合わせてピッタリな紫外線ケア方法を探してみて下さいね。

 

 

飲む日焼け止めのメカニズム、主要な2種類の成分の特徴、日本製塗る日焼け止めのオススメランキング、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを併用した方が良い理由、飲む日焼け止めを利用する期間の順番でご説明させて頂きました。飲む日焼け止めを知って、それがどういうものか気になっていた方に少しでもスッキリしてもらえていれば嬉しいです。自分にピッタリな飲む日焼け止めを選んで、紫外線のダメージレスな白肌を目指しましょう。 

 

飲む日焼け止め止めの口コミ

29歳女性
私は流行に流されやすい性格でテレビで飲む日焼け止め(ヘリオケア)の商品が紹介されてたのを見て、すぐに購入しました。2年目になって日本製の飲む日焼け止めの商品が多く出回ってきたので、ヘリオケアから日本製のものに変えました。
ニュートロックスサンの配合量が一番だったインナーパラソル16200購入しました平日はあまり太陽を浴びないので、1粒、土日に外出するときは2粒飲むようにしています。朝起きて飲んで1日ケア!これほど楽なケアはありません。
好きなモデルさんがインスタで紹介されていたホワイタスを購入しました。日本製は安全性も高いので安心して使っています。

 

36歳女性
私はシミの予防にも日焼け止めを欠かさず行っているのですが、どうしても、クレンジングで肌を痛める事が多く夏に肌トラブルを起こすことが多くありました。そんな時に日傘サプリを知り、購入しました。どの商品がいいのか迷いましたが、ホワイトヴェールを選びました。その理由は高配合の証、日傘ロゴがついていて、好きなときに休止・解約できるからです。継続の決まりがなくて、日傘ロゴマーク時の商品は私が確認したときはホワイトヴェールだけでした。年齢を重ねてから美容で後悔したくなので、外に出るときはかかせません。

 

美容通の友達はみんな飲む日焼け止めを使っていました。今は常識のようです^^;私は内側から紫外線対策ができる?半信半疑でした。でも紫外線ってどうしても気になるし、流行のものは使ってみたかった私。
5月から飲み始めて7月にバーベキュウをすることに。翌朝鏡を見ると透明感をキープできていたんです。毎日習慣でつけるのも大事なんだと実感。

 

25歳女性
夏のイベント夏フェスや海に行くことが多い私。
日焼け止めを塗っても汗で落ちるし、顔以外の場所、肩や背中など身体全体の日焼け&紫外線の影響が気になっていました。それというのも私の母は海が大好きで、そのせいか、背中がシミだらけ・・・。雑誌で飲む日焼け止めの特集がありコレだ!っと思い夏真っ盛りでしたが、後からでもケアできるとのことだったので、ネットの口コミでも人気の高かったホワイトヴェールを購入しました。サプリなので味などはわかりません。これでうまく紫外線の予防ができたらな〜〜っと思います。夏の紫外線の強い時期だけなので将来の肌の為に投資をしています

 

日焼止めクリームは効果が落ちる

今まで日焼け止めを塗っていた方にとって、塗る代わりに飲むなんて抵抗が有るかもしれません。やはり塗った方が、紫外線をガードしている気分が強いと思います。しかし、実は塗る日焼け止めは完全に紫外線のダメージからお肌を守っている訳ではないのです。

 

SPFやPA値が高い塗る日焼け止めを使っているのに、日焼けしてしまった。シミが出来てしまった。そんな経験をしたことは有りませんか。考えられる原因の1つ目は、ぬり忘れが有ったり汗で部分的に日焼け止めが落ちてしまったりすることです。

 

しかし、日焼け止めをするような直射日光下で汗をかかないことなんて不可能です。考えられる原因の2つ目は、紫外線のダメージを避けるために十分量の日焼け止めを塗っていないことです。

 

製品に記載されているSPFとPA値を実現するためには、500円玉1枚分くらいの量が必要とされています。しかし、実際に多くの方が塗っている日焼け止めの量は、必要量の半分にも満たないと言われています。

 

かと言って、あまり厚く塗り過ぎると、お肌への負担が重くなったり、毛穴に詰まったりしやすくなります。なので、理想的にはクリームと飲む日焼け止めを併用して使うことをオススメします。飲む日焼け止めで紫外線ダメージへの抵抗力をつけつつ、塗る日焼け止めでサラッとガードするのが賢い方法です。

 

SPF50は最強の日焼け止め?

紫外線対策が声高に叫ばれる現在、ほとんどのコスメブランドが日焼け止めを販売しています。1つのブランドから、いくつものラインナップが展開され、個性的な日焼け止めが開発されています。デパートの化粧品フロアにも、ドラッグストアの日焼け止めコーナーにも、とても1つ1つ検討しきれない程数多くの製品が並べられています。

 

 

そのような中、あなたは一体どのように自分が使う日焼け止めを選びますか。

 

『目に付いた可愛いパッケージですか』
『ネットの口コミでしょうか』
『表記されている成分を見て判断しますか』

 

日焼け止めの製品を手に取った時に、まず目に止まるのはSPFとPAという、日焼け止めの性能を表す指標だと思います。

 

 

“SPFの数値が高いほど、日焼け止め効果が高い”
“紫外線を徹底的に防ぐために、SPF50の日焼け止めを選ぶ”

 

そんな風に考えている人はいませんか。
確かに、せっかく対策するのであれば、少しでもSPF数値の高い日焼け止めを使いたくなりますよね。しかし、その考え方は危険かもしれません。

 

SPFの意味
そもそも、SPFとは何を表すものなのでしょうか。SPFは、Sun Protection Factorの略で、UV-Bの防止効果を表す数値です。つまり、赤くなってヒリヒリする日焼け(サンバーン)を起こすまでの時間を何倍に伸ばせるかの指標です。

 

たとえば、20分で赤くなる普通肌の人がSPF30の日焼け止めを使う場合、塗らなかったときの30倍の時間(20分×30=600分=10時間)、お肌が赤くなる日焼けを防ぐ効果が期待できます。

 

同様の条件でSPF50の日焼け止めを使用すると、通常の50倍の時間、
つまり20分×50=1000分=16時間40分の間、お肌が赤くなるのを防ぐ効果が期待できます。

 

ポイントは、SPFの数値は、UV-Bの防止時間を表しているのであって、UV-Bの防止効果の強弱を表している訳ではないという事です。この理論で考えると、日焼け止めを10時間後に塗り直せば、SPF30を使おうが、SPF50を使おうが関係無いのです。

 

 

さらに、一般的にはSPFが高いほどお肌に与える刺激も強いと言われています。
つまり、やみくもにSPFの高い日焼け止めクリームを選んでしまうと、美白どころかお肌を痛めてしまう可能性もあるのです。

 

実際の日焼け止め効果はSPFだけでは決められない

SPFの後ろに表示されている数値は、UV-Bを防止する時間を示しています。
SPF30であれば、通常の30倍の時間、UV-Bを防止するとされています。

 

しかし、これは飽くまで理論上の話です。
実際にSPF30 の日焼け止めを使って、30倍もの時間(通常20分で赤みが出る人であれば20×30=600分=10時間、25分で赤みが出る人は25×30=750分=12時間半)UV-Bを防止してくれるかと言うと、残念ながら答えはNOです。

 

 

なぜでしょうか?まず、日焼け止めに記載されているSPFの効果を発揮するためには、製品ごとに差は有りますが、一般的に顔だけで500円玉大のサイズのクリームを塗る必要が有ると言われています。

 

そして、大半の人が日焼け止めクリームの必要量を塗っていないと言われています。
さらに、汗や皮脂は日焼け止めクリームを流し去ります。

 

 

レジャーで炎天下に長時間曝されている時はもちろん、通常時も人のお肌は少しずつ汗と皮脂を分泌し続けています。よって、実際のUV-B防止時間は、理論よりも大幅に短くなると考えて良いでしょう。

 

どのくらい短くなってしまうかは、塗ったクリームの量、汗や皮脂の量にも寄りますので具体的に計算することは非常に難しいです。

日常の紫外線対策に適切なSPFとは?

さて、それでは日常的な紫外線対策としては、どのような日焼け止めを選べば良いのでしょうか。正直に言ってしまうと、ご自分のお肌で試してみて選ぶのが1番です。製品によって、SPFやPAの値はもちろん、紫外線防止効果を発揮する成分やその他の美肌成分も異なります。

 

 

しかし、最初の取っ掛かりとして、SPFの値を参考にするのはとても有効でしょう。まずは、SPF30程度の日焼け止めの中から日焼け止めクリームを選ぶのがオススメです。

 

SPFが30くらい有れば、紫外線防止効果が弱すぎることは有りません。そして、お肌への刺激が強すぎる可能性も低いです。しかし、上述したように、日焼け止めクリームだけで紫外線を防ぐのは難しいです。徹底的に対策をしたい人には、日焼け止めクリームに加えて、飲む日焼け止めの使用がオススメです。

 

一押しの飲む日焼け止めはコレ


 

飲む日焼け止めは、モデルやタレントなど美意識の高い女子の常識になりつつあります。錠剤を1日2〜4粒飲むだけで、身体の内側から紫外線によるダメージを軽減・解消してくれる作用が有ります。

 

日本製の飲む日焼け止めは、降り注ぐ紫外線が引き起こすダメージの60%を軽減するという研究結果が示されています。さらに、毎日継続的に飲み続けることで、お肌が紫外線に抵抗する能力を強めてくれるという効果も言われています。

 

日焼け止めクリームも飲む日焼け止めも、どちらか一方では紫外線ダメージを防ぎ切ることは出来ません。しかし、日焼け止めクリームでお肌に浸透する紫外線量を減らし、飲む日焼け止めで浸透してきた紫外線のダメージを軽減するという2重のブロックをすることで、紫外線によるダメージを最小限に抑えることが出来ます。お肌を痛めずに、紫外線対策をしたい人は、SPF30の日焼け止めクリームと飲む日焼け止めの2重使いがピッタリです。

 

飲む日焼け止めの体験談

私が飲む日焼け止めを始めた理由は単純です。
たまたま見ていたインスタグラムで、大好きなモデルさんが商品を持っている写真が目についたからです。私は昔から、色白で刺激に弱い敏感肌でした。

 

 

日焼け止めをせずに長時間、直射日光を浴びると、炎症が起きて赤くなったり、ヒリヒリと痛みを感じたり、という状態になってしまいます。昼間に外に出る時には、いつも日焼け止めを厚く塗っていました。

 

そうすると日焼けによる炎症を防ぐことは出来ました。
しかし、もう一方で私を悩ませたのが敏感肌です。

 

 

日焼けをしないように厚く日焼け止めを塗ることで、お肌が荒れやすくなってしまいました。乾燥したり、吹き出物が出やすくなったり、日焼けしていなくてもヒリヒリとした痛みを感じることも有りました。

 

それでも、私はほぼ毎日しっかりと日焼け止めを塗り続けてきました。塗らないで日光を浴びるダメージに比べたら、多少の肌荒れはやむを得ないと考えたからです。

 

いつも、絹の様にきめ細かいお肌や日焼け止め程度の刺激にはビクともしない強いお肌に憧れを抱いていました。

 

 

そんな時に、にわかに飲む日焼け止めブームが起き始めました。私は自分のお肌がコンプレックスだったので、何とか治したくて美容情報は欠かさずチェックしていました。それにも関わらず、美容大国の韓国やヨーロッパで既に定番であったという飲む日焼け止めについて、私は全く知識が有りませんでした。

 

当然、強い興味が湧きました。

 

しかし、当時の飲む日焼け止めと言えばヘリオケアしか有りませんでした。ヘリオケアは美容皮膚科や個人輸入での取り扱いばかりでした。私は、美容皮膚科には苦手意識が有りました。

 

それまで自分のお肌の悩みから何度も色々な美容皮膚科を訪ねてきました。どのお医者さんに診てもらっても、「その状態は治らない。」、「肌の感受性は人それぞれだから。」と身も蓋も無い事を言われ続けてきました。

 

なので、興味はありましたが、結局美容皮膚科に再び足を踏む入れることは有りませんでした。個人輸入は信頼できなかったので、とてもじゃありませんが選択肢に入れることは出来ませんでした。

 

 

そんな私の思いが届いたのか、念願の日本製飲む日焼け止めが販売されることになりました。私が最初に見つけたのは、美容系の雑誌の片隅のスペースでした。しかし、飲む日焼け止めは瞬く間に注目を浴び、モデルさん達のインスタグラムやブログ、雑誌などにも掲載され始めました。これだ!と思いました。

 

 

とにかく試してみたい一心だった私が選んだのは、ホワイトヴェールです。憧れている大好きなモデルさんが愛用していたからです。しかし、飲み始めてから調べてみると、主成分のニュートロックスサンだけでなく、ビタミンやミネラルなど豊富な天然成分が配合されていること。非常にコストパフォーマンスの良い商品であることが分かりました。

 

お肌の変化

飲む日焼け止めを初めて半年間ですが、私のお肌は劇的によくなっています。

 

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを併用することで、SPFやPA値よりも素肌への優しさという点で日焼け止めを選べるようになりました。

 

 

そして、今までよりも薄くサラッと塗っただけでも、日焼けしにくくなり、結果として起こっていた炎症も防げるようになりました。肌に優しい日焼け止めを選んだことにより、肌荒れも収まりました。

 

いい方向にいい方向に進んで、お肌はどんどん綺麗になりました。

 

 

薬を使ってもどうにもならないと言われた皮膚が、なんと薬を使わなくても綺麗になってしまいました。やっぱりお肌の調子が良いと、気持ちも明るくなります。

 

敏感肌の方は、ぜひ飲む日焼け止めを試してみて下さい。
シミ・シワ対策をしっかりされたい方にもオススメです。

 

納得のいく美肌は必ず手に入ります。悩んでいる人はまず始めてみて下さい。

価格

限定割引980円

定期縛りなし

90日間返金保証付き

↓↓↓