雪のように白い美肌は世の女性たちの憧れです。
しかし、白く美しいが故にちょっとしたダメージも目立ちやすくなってしまいます。ニキビやちょっとした肌荒れ、日焼け跡、シミ、そばかすに悩んでいる色白肌さんも多いのではないでしょうか。

 

ちょっと日差しの強い場所にいただけで、真っ赤に炎症を起こしてしまう肌質の人もいます。世界的にみても、白人の人は私たち黄色人種よりもソバカスやシミが多いイメージが有りますよね。はたして本当に色白肌の人は紫外線に弱いのでしょうか。色白肌の人はどのような紫外線対策を行うべきなのでしょうか。

 

色白の肌質

さきほど、白人を例に出しましたが、私たち日本人は黄色人種に分類されます。しかし、同じ黄色人種でも、白人のように肌の白い人もいれば、東南アジア系の俗にいう地黒肌、その中間のまさに黄色っぽいお肌をもつ人もいます。

 

これらのお肌の色味の違いは、スキンタイプによって6つに分けられます。それぞれのタイプによって、紫外線を浴びた時のお肌の反応も異なります。

 

大体の日本人はスキンタイプのU、V、Wのどれかに該当します。

 

スキンタイプU型は、皮膚の色が白く、紫外線への感受性は高度に過敏、日焼けによる赤みが常に起きて、日焼けによる褐色変化も時々起こるというタイプです。日本人の色白肌もつ人は、このスキンタイプU型だと思われます。“日に当たっても赤くなるだけで黒くならない”肌質です。

 

一方、スキンタイプW型は、日本人の中でもやや色黒肌をもつ人です。皮膚の色は淡褐色で、紫外線への感受性は中度に過敏、日焼けによる赤みは時々起きて、日焼けによる褐色変化が常に起きるというタイプです。要するに、“日に当たるとあまり赤くならずに黒くなる”という肌質です。

 

 

 

色白肌の人は、長時間紫外線を浴びても日焼けで黒くなりにくいお肌と言えます。

 

 

しかし、日焼けによる炎症が起きやすく、
紫外線に対する感受性も強いです。
紫外線によって日焼けすることは少ないけれども、
紫外線によるお肌へのダメージを受けやすい肌質と言えます。

 

紫外線のダメージと言えば、翌日のヒリヒリやお肌の褐色化をイメージしがちです。

 

しかし、紫外線の真の怖さは、
お肌内部に蓄積されていくダメージです。

 

 

真皮のコラーゲンを変性させることで、お肌のハリを奪ったり、お肌の細胞のDNAを傷つけて正常に働かなくなったりさせてしまいます。結果として、シミやシワなどお肌の老化が進んでしまいます。 

 

 

紫外線ダメージを受けやすい色白肌の人は、より熱心に紫外線対策に取り組み必要があります。

 

将来の為にも色白は飲む日焼け止めサプリは必須

 

そんな色白肌の人にオススメなのが、飲み日焼け止めです。
飲む日焼け止めは紫外線によるダメージを妨ぐ美白ケアです。

 

お肌に降り注ぐ紫外線を直接カットする塗るタイプの日焼け止めと違い、紫外線がお肌に侵入した後に引き起こす様々なダメージを軽減・解消する作用があります。紫外線ダメージを受けやすい色白肌さんは、身体の内側から紫外線への抵抗力を高めましょう。

 

そうすることで、将来起こりやすいシミ・シワ・たるみなどの光老化を事前に予防することが出来ます。将来のメリットだけでなく、飲む日焼け止めを利用することで、日焼けによるヒリヒリした痛みを減らしたり、お肌の色の変化も少なくしたりすることができます。

 

 

飲む日焼け止めを始めてからは、日焼けによる炎症が軽くなったという口コミも多くあります。

 

日差しを浴びてしまったアフターケアとしても使えるニュートロックスサン配合の飲む日焼け止めなので、多少長い時間でも安心して外にいることができます

 

色白肌さんは、ぜひ飲む日焼け止めで徹底した美白ケアを心がけましょう。
早めの対策がいつまでも美しい美白肌を保つ秘訣です。