ニキビ、肌荒れの紫外線対策、日焼け止めクリームを塗って大丈夫?

紫外線はお肌にさまざまなダメージを与えます。紫外線はお肌内部に活性酸素を発生させ、活性酸素は細胞にダメージを与えます。さらに、コラーゲンやエラスチン繊維を分解する酵素を産生させやすくします。

 

肌質によっては、お肌に対する強い炎症や、生成されたメラニンが排出されずに残るシミにも繋がります。そして、あまり知られていませんが、紫外線はニキビや肌荒れの原因にもなります。

 

ニキビと言えば、皮脂分泌が多かったり、甘いものを食べ過ぎてしまったりすると出来るイメージがあります。しかし、紫外線によってニキビが発生したり、悪化したりすることもあります。第一に、紫外線を浴びた時に生じる活性酸素は、お肌の皮脂を酸化させてニキビが作られやすい環境を作り出します。

 

 

そして、活性酸素はお肌のバリア機能を低下させるため、普段なら平気な刺激にも反応してニキビを作り出してしまったり、今あるニキビを悪化させてしまったりします。

 

 

ニキビの出来やすい肌質、荒れやすい肌質の人は、しっかり紫外線対策を行う必要があります。しかし、間違った紫外線対策は、逆にお肌の状態を悪化させてしまうので注意しなければなりません。

 

ニキビがある方は刺激の少ない日焼け止め

 

日焼け止めクリームの種類を気にしたことは有りますか。日焼け止めクリームは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を使用したタイプの2つに分かれます。

 

紫外線吸収剤はお肌の上で、紫外線を取り込み別のエネルギーに変換します。これを使用した日焼け止めクリームは、お肌に塗った時に白浮きしにくく自然な仕上がりになりますが、お肌への刺激になることが有ります。

 

一方、紫外線散乱剤は物理的に紫外線をはね返します。これを使用した日焼け止めクリームは、かぶれにくいのでお肌の弱い人にオススメです。しかし、白っぽくなりやすいという欠点があります。ニキビや肌荒れが気になる人は、紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤を使うことがオススメです。

 

 

紫外線散乱剤を使用した日焼け止めクリームとしては、キュレルUVローションやアクセーヌスーパーサンシールドEX、ビオレさらさらUVマイルドケアミルクなどが有名です。「赤ちゃんや子供にも使える」というような表記がされている商品には、紫外線散乱剤を使用した日焼け止めが多いです。

 

また、エステや美容室で販売されているプリンシェルのP-プロテクトというメイク下地もオススメです。紫外線散乱剤の使用はもちろん、抗炎症・抗シワ・保湿効果のあるツボクサエキス、乾燥を防ぎバリア機能を高めるCMグルカンなど美容成分がたっぷり配合されています。なので、日焼け止め効果が有るにも関わらず、乾燥しにくく、むしろ保湿成分による潤い効果、美肌効果が期待できます。お肌への刺激が気になる人は、ぜひ一度お試ししてみてください。

 

 

ニキビ肌にも安心して使える飲む日焼け止めサプリ 

 

最近は飲む日焼け止めサプリも人気を集めています。塗るタイプの日焼け止めと違って、飲むだけで紫外線対策ができるので、お肌が敏感な人でもニキビや肌荒れの心配なく、紫外線対策をすることが出来ます。

 

【危険!?】飲む日焼け止めサプリはどんな成分なの安全性は? 
飲む日焼け止めは、お肌が紫外線から受けるダメージを防ぐ作用があります。さらに、日本製のニュートロックスサン配合の飲む日焼け止めは、継続的に飲むことで、お肌を根本から紫外線に強くする効果も知られています。 

 

飲むだけというお手軽さと、紫外線がお肌に引き起こすダメージを様々な方面からガードしてくれるという効果の高さから、美意識の高いモデルやタレントさんを中心に愛用され始めています。

 

 

お肌に弱い人の紫外線対策としては、塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの併用がベストです。塗る日焼け止めは、紫外線散乱剤を使用していて、SPFやPA値の高過ぎないタイプを選びましょう。そうすることで、お肌への刺激を最小限まで減らすことが出来ます。

 

そして、飲む日焼け止めはニュートロックスサン配合のものがオススメです。毎日飲み続けることで、お肌を根本から紫外線に強くしてくれます。そして、塗る日焼け止めと一緒に使う事で、塗るタイプの日焼け止めだけでは防ぎきることが出来ない紫外線の影響をカバーしてくれます。

 

お肌の外側と内側の両方から紫外線対策をすることで、お肌への刺激を最小限に抑えつつ、紫外線からお肌を守ることができます。

 

 

紫外線対策は美白を維持するだけでなく、未来のお肌を守ることにもつながります。適切な紫外線対策を行うことで、紫外線によるシミ・シワ・たるみを防ぐことができます。

 

しかし、綺麗なお肌を保つための日焼け止めで、ニキビや肌荒れを起こしてしまっては本末転倒ですよね。日焼け止めクリームの品質をしっかり見極めること、そして飲む日焼け止めを併用すること。この2つを意識することで、お肌を健やかな状態に保ちながら美白肌に近づいていけますよ。