飲む日焼け止めサプリは敏感肌やアトピーでも使って大丈夫?

敏感肌やアトピーがあると、新しい化粧品を試してみることに特に躊躇しがちになります。「今度こそ。」と、希望を持って新しい製品を試しては失敗し、お肌に痒みや湿疹が出たり、ヒリヒリとした刺激を感じてしまったり・・・・そんな事を繰り返すうちに、「今使っている製品に満足はしていないけれど、新しいものを試して肌にダメージを与えたくない。」そんな風に思ってしまう方が非常に多いです。今回の記事では、最近話題の飲む日焼け止めサプリの安全性について、敏感肌やアトピーの人でも使えるのかという観点からご説明していきます

飲む日焼け止めは敏感肌・アトピーでも効果あります

塗るタイプの日焼け止めは進化しています。
昔は、お肌に負担を与えがちな紫外線吸収剤を主成分とする日焼け止めクリームが多かったのですが、最近は紫外線散乱剤を使用した日焼け止めクリームが増えつつあります。
しかし、やはり多くの製品が“紫外線はある程度防いでくれるけれど、敏感肌のアトピーのお肌に負荷を与えてしまう”というものです。

 

 

飲む日焼け止めはサプリは、
お肌へのダメージを与えずに紫外線ケアが出来ます。

 

なぜなら、お肌に直接塗ったりせずに、
サプリメントや薬のように、錠剤を飲むだけの紫外線対策だからです

 

飲む日焼け止めは薬ではありません。
その為、サプリを飲んで肌荒れしたりすることもありません。
敏感なお肌でも体の中から、紫外線対策できるのです

 

さらに紫外線防御効果をもつ主成分以外の美容成分によって、
お肌の状態を底上げする効果も期待できます。

 

敏感肌ってどんな肌?

 

敏感肌とは、いったいどのようなお肌のことを言うのでしょうか。最近では、多くの方々が自分のお肌を敏感肌であると思っているようです。ある化粧品メーカーのアンケートによると、回答者の90%が自分のお肌を敏感肌であると認識していたそうです。敏感肌に明確な定義は有りませんが、『一般の人が使っても大丈夫な物質にも痒み・ほてり・痛み・発赤・発疹などの症状を呈しやすいお肌』とよく表記されます。

 

医学的には、『脂漏性皮膚炎や接触皮膚炎を起こしやすい肌』と表現されることもあります。実は、自分のお肌を敏感肌と思っている人の原因の多くが、乾燥によるバリア機能の低下であることが多いです。

 

 

バリア機能は、お肌の一番表面にある0.02mほどの角層という領域が担っています。お顔の角層は、約20層の細胞が積み重なって構成され、その隙間はセラミドなどの角質細胞間脂質が埋めています。そうすることで、お肌の細胞どうしがピッタリ密着します。

 

細胞同士の密着した角層は、水や異物がお肌の中に入り込むのを防ぐという重要な働きをしています。お風呂に入っても、お肌の中にどんどんお湯が入っていかないのは、このようなバリア機能が働いているからです。バリア機能が弱まると、外からの刺激を受けやすくなり、肌荒れの原因になってしまいます。

 

さらに、セラミドは、角層の水分を保つ働きもあります。つまり、角層内にあるセラミドなどの角質細胞間脂質が減ると、バリア機能が弱まり、お肌は乾燥します。

 

結果的に痒みやヒリヒリ感を生じやすい敏感な状態になってしまうのです。要約すると、敏感肌の人は、お肌に与える刺激を最小限にすると共に、保湿を心がける必要があります。

 

 

アトピーのお肌は、日本皮膚学会により、『憎悪・寛解を繰り返すそう痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ』と定義されます。言い直すと、アトピーの原因となる要素を持っていて、良くなったり悪くなったりする痒みがある人はアトピーであるということです。

 

アトピー要素としては、遺伝的要因(ご家族の誰かが同じような症状をもつ)や、刺激勝因(湿度や温度の物理的刺激や、シャンプーなどの化学的刺激)、ストレス、アレルギーなどが挙げられています。アトピーの原因とされる要素は数多くありますが、1つだけでなく複数の要因が絡み合っていることがほとんどなので、症状を悪化させる要因をひとつひとつ取り除く必要があります。

 

敏感な肌はダメージを受けやすい

アトピー肌の人も敏感肌同様、皮膚のバリア機能が低下しています。よって、些細なことも刺激となってしまいます。適切なスキンケアによって、皮膚を保護して、バリア機能を正常な状態に近づけることが重要です。アトピー肌のスキンケアのポイントとしては、皮膚を清潔に保つこと、皮膚への刺激を避けること、不足する成分を補うこと、皮膚に休養を与えることの4つが重要になります。

 

つまり、日焼け止めクリームが毛穴に詰まってクレンジング後も残っていたり、日焼け止めクリームをしっかり落とそうと強いクレンジング剤を使用したりすると、どちらもアトピーを悪化させる原因となってしまいます。

 

なので、お肌に直接塗る日焼け止めは最小限の使用にとどめた方が賢明でしょう。それでカバー仕切れない分は、飲む日焼け止めで補うと、お肌への刺激を少なくすることができます。

 

 

敏感肌・アトピー肌に使ってほしい飲む日焼け止め

 

敏感肌さんとアトピー肌さんにオススメな飲む日焼け止めサプリが「ホワイタス」です。ホワイタスは日本製の飲む日焼け止めで、ニュートロックスサンを主成分としています。

 

日本製の飲む日焼け止めは、ほとんどがニュートロックスサンを主成分としています。そのため、商品を比較する際は、ニュートロックスサン以外の美容成分の中から、自分の目指す肌に合った成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

ホワイタスには、ニュートロックスサンの他、リコピン、11種のビタミン、シトラス・ローズマリー、ブライトニングパイン、ハイチオンエキスなどが配合されています。これらの成分は“お肌を健康な状態に保つ効果”が特徴であると言えます。

 

特に、ブライトニングパインはパイナップル由来のセラミドであり、上述したようにバリア機能を正常に保つために重要な保湿成分です。実際に人に使用した調査でも、皮膚の水分量がアップして、皮膚の水分蒸散量がダウンするという結果が出ているため、確かな保湿効果が期待できます。

 

さらに、ブライトニングパインには、メラニンを抑制するフィトールが配合されているので、美白効果もあります。つまり、潤い溢れる美白肌を目指す人に適した飲む日焼け止めです。

 

 

今までの日焼け止めと異なり、飲むだけで紫外線対策が出来る飲む日焼け止め。この紫外線対策を利用することで、今まで悩まされ続けたお肌のヒリヒリや痒みが少しでも軽減できるかもしれません。お肌が敏感な人は、あまり色々な化粧品を使ったりせずに、シンプルケアでなるべくお肌に直接刺激を与えないのが安心な方法です。飲む日焼け止めを賢く利用して、美肌と紫外線ケアを両立しましょう。

 

 

私が使っている初回980円で定期縛りなしの飲む日焼け止めホワイトヴェール