日焼けしやすいお肌にはビタミンC誘導体が有効

紫外線を浴びると、すぐに黒くなってしまう。周りと同じように日焼け止めを塗っているのに、自分だけ日焼けしてしまう。そんな人はもともと日に焼けやすい肌質の可能性が有ります。

 

同じ日本人でも、その肌タイプは異なります。日を浴びても赤くなるだけで黒くならない白人よりの肌質の人もいれば、あまり赤くならずに黒くなってしまう肌質の人もいます。普段から平均よりお肌が褐色に近い人は、後者の肌質である可能性が高いでしょう。確かに生まれ持った肌質は変えられません。

 

【元の肌色へ】地黒でも効果ある飲む日焼止めサプリ

 

しかし、自分に合ったスキンケアを行うことで、本来持つお肌の白さに近づけることが出来ます。日に焼けやすい肌質の人にオススメな化粧品は、ビタミンC誘導体が配合されている美白化粧品です。

 

ビタミンC誘導体は厚生労働省が有効性を認めた美白成分の1つです。日焼けでお肌が黒くなる原因であるメラニン生成を抑制する効果が有ります。

 

ビタミンC誘導体は他の美白成分と何が違うのか

厚生労働省が有効性を認めた美白成分が配合された美白化粧品は、『医薬部外品』と記載されています。ビタミンC誘導体以外にも、数多くの美白成分が認可されています。

 

どの成分も美白効果が期待できるという点は同じです。
しかし、成分ごとに美白に働きかけるメカニズムは異なっています。

 

たとえば、アルブチンやコウジ酸、ルシノール、4MSK、エラグ酸は、チロシナーゼの活性を阻害します。チロシナーゼを働かなくすることで、メラニンを生成する細胞であるメラノサイトの働きを抑えます。カモミラETやm-トラネキサム酸はメラニン生成指令を阻止します。指令が止まることで、メラノサイトが働きにくくなります。

 

 

一方、ビタミンC誘導体の作用は、“メラニン生成抑制・還元、チロシナーゼ活性阻害”とされています。1つの成分で複数のメカニズムに働きかけることが特徴です。

 

多くの美白成分が予防の働きしか持たないのに比べて、ビタミンC誘導体は生じてしまったメラニンにも働きかけてくれます。つまり、メラニンの生成量を減らすだけでなく、既に発生してしまったメラニンを還元し、分解するよう働きかける作用も持っているのです。

 

 

さらに、ビタミンC誘導体には美白以外にも抗酸化作用と抗炎症作用があります。その優秀さから皮膚科でもよく用いられています。

 

 

ちなみに、美白化粧品でよく使われているハイドロキノンは、強力な効果があると謳われています。しかし、ハイドロキノンは、お肌への刺激も強いので注意が必要です。
美白の救世主!ハイドロキノンを超えるルミキシルの口コミと効果 

 

ディセンシアのサエルは優秀な美白化粧品

医薬部外品の化粧品には、美白成分が1つしか配合されていないものもあれば、複数配合されたものも有ります。日焼けのメカニズムは複数段階存在しています。そして、美白成分の作用も日焼けを予防するものから、生成したメラニンを排泄するものまで様々です。

 

さらに、お肌全体のバリア機能も美白成分が有効に作用するかどうかに影響を与えます。よって、なるべく多方面から美白に働きかけることがオススメです。ビタミンC誘導体を配合している優秀な化粧品の1つとして、ディセンシアのサエルが挙げられます。

 

 

サエルは敏感肌に特化した美白化粧品

 

実は、敏感肌の人は通常肌の人よりもお肌が黒くなりやすいのです。お肌が黒くなる原因であるメラニンは、紫外線だけでなく、様々な刺激に反応して生成します。

 

 

たとえば、ヒジやヒザなど床や机と摩擦しやすい部位は黒くなりやすいです。また、ムダ毛処理を続けることでワキが黒ずんでしまうこともあります。

 

敏感肌は、様々な刺激に弱い状態です。通常であれば何ともない程度の刺激にも反応して、メラニンが生成されてしまう可能性があります。

 

サエルには、お肌のバリア機能を高める保湿成分に加えて、ビタミンC誘導体を含む複数の美白成分を配合しています。つまり、お肌の状態を根本から整え、さらに紫外線に対して多層のブロック機能を発揮してくれることが期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫外線対策はアフターケアより予防が有効

紫外線は一度お肌内部に侵入してしまうと、細胞レベルでダメージを与えます。そのダメージはすぐには実感しなくても、後々のお肌に確実に影響を与えます。

 

シミ・シワ・たるみの目立たない美肌を維持するためには、毎日のスキンケアが大きく関わっています。日焼けをした後すぐにアフターケアを行うことはもちろん大切です。

 

 

しかし、もっと有効なのはそもそも紫外線をお肌に侵入させないよう予防することです。日焼けで黒くなりやすい肌質の人は、1年中美白化粧品を使うようにしましょう。

 

それに加えて、日焼け止めを毎日欠かさないようにしましょう。日焼け止めは塗るタイプが一般的ですが、徹底的に紫外線を防御したい人には、飲む日焼け止めとの併用がオススメです。

 

 

 

日焼け止めクリームでは防ぎきれない紫外線の影響を軽減・解消してくれます。自分の肌質に合ったスキンケアで、最大限の美白肌を目指しましょう。