飲む日焼け止めを飲めば日焼け止めクリームは必要ない?

 

最近、新しい紫外線対策として飲む日焼け止めサプリが注目され始めています。飲む日焼け止めは、その多くが錠剤タイプやカプセルタイプのサプリメントです。

 

飲むだけでお手軽に紫外線対策が出来てしまう点が魅力です。

 

さらに、お肌の内側から紫外線によるダメージを減らすように働きかけるため、塗る日焼け止めのように、塗り忘れや日焼け止めクリーム量の不足による紫外線ダメージを気にする必要もありません。

 

現在、多くのセレブやモデルなど美容情報に敏感な人々に愛用されていることが知られ、その人気がどんどん広がりつつあります。
さて、飲む日焼け止めを利用すれば、塗る日焼け止めは必要ないのでしょうか。
そして、飲む日焼け止めはどのようなタイミングで飲めば良いのでしょうか。

 

飲む日焼け止めの具体的な利用方法について、ご紹介していきます。

 

塗る日焼止めクリームは必要ない?

飲む日焼け止めサプリだけを利用するか、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを併用するかは、どこまで紫外線を防ぎたいかによって変わってきます。飲む日焼け止めと塗る日焼け止めでは、紫外線対策のメカニズムが異なっています。

 

 

飲む日焼け止めサプリは、紫外線によるダメージを軽減・解消するように作用します。
塗る日焼け止めは、お肌に届く紫外線そのものを軽減・解消するように作用します。

 

しかし、どちらの日焼け止めも、紫外線もしくは紫外線によるダメージを100%防ぎきることは出来ません。

 

 

紫外線は、お肌の細胞にいくつもの方面からダメージを与えます。
そして、そのダメージの大きさには個人差が有ります。

 

飲む日焼け止めは紫外線ダメージを軽減しますが、
その全てを防いでくれるとは言い切れないでしょう。

 

そして、塗る日焼け止めを利用しても、
汗や皮脂によって日焼け止めクリームが落ちてしまったり、
もともと付けるクリーム量が不足していたりと、
お肌へ降り注ぐ紫外線量自体も完全に防ぎきるのは難しいのが現実です。

 

 

なので、なんとなくイメージ出来るとは思いますが、
飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを併用するのが、
最も効果の高い紫外線対策と言えます。

 

使い分け方

 

長い時間、直射日光を浴びる人には、断然飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの併用がオススメです。
アウトドアやレジャーで一時的に強い直射日光を浴びる人、または仕事が外勤ばかりで日に当たる時間が長い人などが該当します。

 

そこまで長時間の直射日光を浴びない人であれば、飲む日焼け止めだけで十分です。
会社の出勤時や帰宅時にしか日に当たらない人、在宅ワークの方や専業主婦の方で家の中にいる時間が長くて、外にはちょっと出る程度の人が該当します。

 

ただし、これらの方々でも「絶対紫外線によるダメージを受けたくない」という人であれば、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを併用することで、より強い紫外線対策を実現できます。

 

 

今や日焼け止めは毎日行うのが当然の時代です。
紫外線をどれだけ浴びる環境にいるか、そしてどれだけ自分の紫外線対策に時間と予算をかけられるか、その兼ね合いを考えて、ベストな紫外線対策を見つけましょう。

 

飲む日焼止めサプリを飲むタイミング

飲む日焼け止めを実際に飲むタイミングは、利用する製品によって異なります。

 

例えば、FernBlockという成分を使用しているヘリオケアは、外に出る30分前に飲むことで4時間ていど効果を持続すると謳っています。

 

一方、ニュートロックスサンという成分を使用している飲む日焼け止めの多くは、1日1~2粒を毎日飲むことで、ほぼ1日中効果が持続するとされています

 

また、日光を浴びる前はもちろん、
日光を浴びてしまった後から飲んでも効果が有るとされています。

 

紫外線は、外に出た時以外に窓からも降り注ぐことを考えると、
飲む日焼け止めだけを利用する人は、1日中効果が持続するニュートロックスサンを配合した製品がオススメです。

 

まとめ

飲む日焼け止めサプリは、塗る日焼け止めとは全く違うメカニズムで紫外線対策を行っています。

 

実際に自分のライフスタイルに合わせて頂いた場合、どのような利用方法をするべきか、少しでもイメージ出来たでしょうか。塗る日焼け止めは紫外線のダメージ自体を軽減するという画期的な製品です。

 

紫外線による光老化を防ぐために、日々のスキンケアに飲む日焼け止めを追加してみてはどうでしょうか。いつまでもシワ・たるみの目立たない美白肌を保ちましょう。

 

 

>>飲む日焼け止めシステムを詳しく知る