敏感肌の方が海に行く時の紫外線対策

ちょっとした刺激でお肌に赤みや痒みが出てしまう。お肌がすぐにヒリヒリしてしまうので、ほとんどの化粧品が使えない。現代では、そんな敏感肌の方が増えてきています。

 

敏感肌の方が気を付けなければいけない刺激の1つに紫外線が有ります。紫外線をたくさん浴びてしまうと、お肌に炎症が起きてしまいます。ただでさえ刺激に敏感なお肌は、普通肌の人よりもお肌に大きなダメージを受けてしまいます。

 

そして、紫外線のダメージを避けるために使う日焼け止め。この日焼け止めも、製品によってはお肌を守るどころかダメージを与えてしまいます。しかし、敏感肌だからと言って、長時間紫外線を浴びるアウトドアを諦めるなんて出来ないですよね。今回の記事では、敏感肌の方が海で使いたい日焼け止めをご紹介いたします。

 

敏感肌の方が海で使う日焼け止めに必要なもの

さて、敏感肌の方が海で使う日焼け止めを選ぶ時、どのような点に注目するべきなのでしょうか。敏感肌の方が長時間紫外線を浴びる時に選ぶべき日焼け止め、その1つ目の条件は“低刺激であること”です。

 

日焼け止めは、製品によってはお肌に刺激を与えやすい成分が配合されています。とは言っても、日焼け止めの成分表示を見ても、何が何だか分からないですよね。

 

目安としては、“紫外線吸収剤フリー”、“ノンケミカル”、“紫外線散乱剤”という表記を探すと良いでしょう。紫外線吸収剤よりも刺激の少ない紫外線散乱剤のみを使用した日焼け止めがオススメです。

 

2つ目の条件は、“紫外線防御性がそこそこ高いこと”です。長時間炎天下にいる海では、SPFとPA値が高い方が望ましいです。

 

しかし、SPFとPA値が高くなるとお肌への刺激も高くなりがちです。
敏感肌の方は、最低限必要なSPFとPA値の日焼け止めを選んで、小まめに塗り直しましょう。ウォータープルーフの日焼け止めは汗や皮脂に強く落ちにくいのが特徴ですが、一切落ちない訳ではありません。摩擦などで落ちてしまうことも有るので、やはり塗り直しは必要です。SPF30〜50程度、PA++〜++++程度がオススメです。

 

 

3つ目の条件は、“クレンジングで落としやすいこと”です。たとえ低刺激の日焼け止めであっても、その成分が毛穴の中に留まり続けると、酸化してお肌にダメージを与えてしまいます。海で使う日焼け止めは、汗や皮脂で落ちにくいものが便利です。しかし、使用後はクレンジングで落としやすい性質の方がお肌には望ましい性質です。どのくらい小まめに塗り直せるか、どのくらい洗浄力の強いクレンジングを使用しているか、を基準に自分に合う日焼け止めを探してみましょう。

 

オススメのウォータープルーフの日焼け止め

 それでは、どのような製品がさきほどご説明した条件を満たしているのでしょうか。敏感肌の方にオススメな低刺激・そこそこの紫外線防御性・落としやすさを兼ね備えているウォータープルーフの日焼け止めをご紹介いたします。
【ノブ UVシールドEX】

 SPF50、PA++++という高い紫外線防御効果にも関わらず、紫外線吸収剤を一切使用していません。“低刺激にも関わらず高い紫外線防御効果”という観点から考えると、最上級のクオリティを持つ日焼け止めです。敢えて難点を挙げるとすれば、一応ウォータープルーフにはなっていますが、その機能は弱めです。

 

しかし、これはウォータープルーフにも関わらずクレンジングで落としやすいというメリットでもあります。後は、白浮きしやすさと粉っぽさが気になる人はいるかもしれません。結論としては、お肌への優しさを考えると、ダントツでオススメと言えます。
公式サイトはコチラ

 

【キュレル UVミルク】

 

SPF30、PA++という中程度の紫外線防御効果を持つ日焼け止めです。もちろん紫外線散乱剤のみを使用しています。必要最低限の紫外線防御効果と低刺激性が特徴の製品です。
医薬部外品であり、肌荒れや炎症を防ぐグリチルレチン酸ステアレルが有効成分です。敏感肌の方で、特に肌荒れが気になっている方にオススメです。落ちやすさにも定評があり、洗浄力の強くないクレンジングや、場合によっては洗顔料でも落とせてしまうかもしれません。
公式サイトはコチラ

 

 

【ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルド】

 

SPF50、PA+++という高い紫外線防御効果を紫外線散乱剤のみで達成している驚異的な日焼け止めです。さらに、定価734円とコストパフォーマンスも高いです。特に刺激の有る成分も使用されていません。低刺激かつ高い紫外線防御効果、高いコストパフォーマンスを持つ優秀な製品です。欠点を挙げるとすれば、白浮きしやすいことです。これは、紫外線散乱剤のみで高い紫外線防御効果を持つ日焼け止めであれば、避けられないデメリットでしょう。後は、やや落としにくいでしょう。しっかりした洗浄力をもつクレンジングを使用する必要があります。
公式サイトはコチラ

 

ウォータープルーフ以外でオススメの日焼け止め

敏感肌の方が海で使う際にオススメなウォータープルーフの日焼け止めを3点ご紹介いたしました。アウトドアではたくさん汗をかいてしまうので、ウォータープルーフが便利です。

 

しかし、ウォータープルーフはクレンジングで落としにくく、敏感肌の方の中には刺激を感じてしまう方もいます。そんな方に使って頂きたいウォータープルーフ以外の日焼け止めもご紹介しておきますね。

 

【エクスボーテ CCクリーム】

紫外線吸収剤を使用せずにSPF50+、PA++++を達成しているCCクリームです。“純粋な日焼け止め”ではなく、“外線防御効果のあるCCクリーム”です。
紫外線散乱剤を使用した日焼け止めに有りがちな白浮きしやすいという欠点が目立ちにくくなります。というのも、CCクリームにはもともと色が付いているからです。

 

CCクリームであるという事もあり、上記であげた日焼け止めよりは価格が高くなります。しかし、ただの日焼け止めではなくメイクアップ効果(顔色も整える効果)も有る製品です。メイクをして海に出かける方にはむしろコスパの良い製品であると言えます。お肌に刺激のある成分も少なく低刺激です。
公式サイトはコチラ

 

【THREE フローレスエシリアル フルイドファンデーション】

 

SPF36、PA+++を紫外線吸収剤不使用で達成しているリキッドファンデーションです。お肌に残りやすい成分も少なく、お肌への刺激は非常に低いです。普通程度の洗浄力をもつ洗顔料でも落とせてしまうくらい、落ちやすい成分で構成されています。さらに、メタクリル酸メチルクロスポリマーが配合されていて、シワや毛穴の凹凸へのカバー効果も期待できます。お肌への低刺激性、そこそこの紫外線防御効果、落としやすさ、カバー力を兼ね備えたバランス良い製品です。
公式サイトはコチラ

 

【オルビス サンスクリーン フリーエンス】

 

 上記2製品とは異なり、純粋な日焼け止めです。SPF30、PA+++という中程度の紫外線防御効果を持ちます。紫外線吸収剤は一切使用していません。さらに、紫外線散乱剤でよく使用される酸化亜鉛を配合していません。よって、金属アレルギーの方でも抵抗なく使用できます。保湿剤も配合していて、敏感肌の方にオススメなお肌に優しい成分構成になっています。落ちやすさは、上記2点に比べるとやや低くなりますが、ウォータープルーフ製品よりは落ちやすい作りです。コストパフォーマンスも高いです。とにかくお肌に優しい日焼け止めを探している敏感肌さんにオススメの製品です。
公式サイトはコチラ

 

お肌への刺激が少ないのは飲む日焼け止め

以上、お肌への刺激が少ない日焼け止めをご紹介してきました。次に、さらにお肌に刺激を与えない紫外線対策として、飲む日焼け止めをご紹介いたします。飲む日焼け止めは、美容に敏感な女性たちを中心に最近注目を集めています。タブレットを飲むだけで紫外線ダメージを軽減・解消する作用が有ります。

 

お肌に直接塗らないので、お肌に与えるダメージはもちろんゼロです。日本製の飲む日焼け止めの主成分であるニュートロックスサンは、紫外線ダメージを60%防ぐ効果が示されています。

 

よって、日焼け止めを分厚く塗って、何度も塗り直すよりも、日焼け止めをサラッと塗って飲む日焼け止めを併用するのが賢い方法です。現在、もっともお肌にダメージを与えない方法と言えるでしょう。

 

敏感肌の方にはホワイタスが一押し

 

日本製の飲む日焼け止めには、紫外線防御効果だけでなく、様々なプラスアルファ美容成分が配合されています。よって、ご自分の肌質に合った製品を選ぶことで、紫外線を防ぎながら、お肌を改善する効果も期待できます。

 

敏感肌の方にはお肌のバリア機能を高める成分を多く配合しているホワイタスがオススメです。ホワイタスに含まれるプライトニングパインはお肌の水分量を増やし、潤いあるお肌へ導きます。

 

このブライトニングパインは保湿効果に加えて美白効果も有ります。そのほか、ハイオチンエキスがお肌の新陳代謝を活発にし、種々の美容効果をもつリコピンがお肌の状態を整えてくれます。

 

ホワイタスの公式サイトはコチラ
ホワイタスの乾燥肌や敏感肌に方にオススメ!その口コミは

 

 

このように、自分に合った飲む日焼け止めを使う事で、“お肌へのダメージを抑える紫外線対策”を“お肌を綺麗にする紫外線対策”へと変えることができます。敏感肌の方は、ぜひお試ししてみてください。自分に合った紫外線対策で、最上級の美肌を目指しましょう。

 

飲む日焼け止めの選び方も参考に