目の紫外線対策にオススメのサングラス

強い日差しを浴びている時、顔や身体だけでなく目からも紫外線が侵入しているのをご存知ですか。目から侵入した紫外線は顔や身体への日焼けをさせてしまいます。

 

さらに充血、ドライアイ、眼精疲労を引き起こします。また、白内障など眼病のリスクも上げてしまいます。目から侵入する紫外線を防ぐ方法としては、UVカット用メガネやサングラスが有ります。

 

しかし、紫外線はビルや道路で反射して様々な角度から私たちの目に飛び込んできます。メガネやサングラスだけで防ぐには限界があります。目に侵入する紫外線をもっとしっかり防ぎたい人には、飲む日焼け止めがオススメです。

 

紫外線対策用サングラスの選び方

 

サングラスで、目に侵入する紫外線を防ぐ場合、サングラスを購入する必要が有ります。では、どのようにサングラスを選べば良いのでしょうか。

 

紫外線対策用サングラスを選ぶ時のポイントは2つ有ります。1つ目は、紫外線防御効果がどこまで高いものを選ぶかです。サングラスに使われているレンズの性能によって、紫外線をカットする割合が異なります。

 

『紫外線カット率○%』、『紫外線透過率△%』、『UV400』という表記により表されるのが一般的です。1つずつ見ていきますね。

 

『紫外線カット率』はその名のとおり、紫外線をカットする比率です。このパーセンテージが大きいほど、紫外線対策効果が強いです。そして、その分お値段も高くなりがちです。たとえば、紫外線カット率99%と表記されていれば、“99%の紫外線をカットするけれど残りの1%は透過させてしまいますよ”、ということです。

 

『紫外線透過率』はその逆で、どのくらいの紫外線を透過させてしまうかを表しています。紫外線透過率1%であば、“1%の紫外線は透過させてしまうけれど残りの99%は防ぎますよ”、ということです。これは、紫外線カット率99%と同じ意味になります。

 

『UV400』ですが、これは“400以下の波長の紫外線をカットします”という意味で、基準としては最も厳しいものになります。紫外線対策をしっかり行いたい方は、紫外線カット率が高い、紫外線透過率が低い、もしくはUV400のサングラスを選びましょう。

 

紫外線対策用サングラスを選ぶ際の2つ目のポイントは、色が薄いレンズを選ぶことです。これは、意外に思われる方も多いかもしれません。紫外線がたくさん降り注ぐ場所は眩しく、色の濃いサングラスを付けたくなりますよね。

 

しかし、色の濃いサングラスを掛けてしまうと、目が紫外線を取り込みやすくなってしまうのです。その秘密は私たちの目の性質に有ります。明るい場所から暗い場所に移動すると、最初は真っ暗で何も見えませんが、徐々に慣れて周りに有るものが見えるようになります。

 

これは、私たちの目は暗い場所に来ると、それに合わせて光を取り込みやすくする性質が有るからです。同様に、色の濃いサングラスを掛けても同じことが起きています。もっとよく見えるようにと、目が勝手に光を取り込みやすくしてしまうのです。よって、眩しいかもしれませんが、紫外線対策用サングラスは色の薄いレンズか無色のものを選ぶようにしましょう。

 

目の紫外線対策に有効な成分

次に、外側からではなく内側から目に侵入する紫外線を防ぐ方法をご紹介していきます。
目の紫外線対策に有効な成分はルテインです。
 ルテインはカロチノイドの1種で、緑黄色野菜に多く含まれている植物色素です。このルテインが、なぜ目の紫外線対策に効果的なのでしょうか。ルテインを摂取すると、その大部分は目の網膜と水晶体に蓄積されます。そして、眼球内に蓄積されたルテインは、抗酸化力を発揮して眼球内組織の酸化を防いでくれるのです。

 

また、ブルーライトを吸収してくれる働きも有ります。パソコンやスマートフォンが手放せない現代、欠かすことのできない成分と言っても過言ではないかもしれません。

 

 

ホワイトヴェールは顔と身体だけでなく目の日焼け止めにも有効

ルテインを摂取するには、緑黄色野菜を食べる、サプリメントを飲むという方法が有ります。しかし、目から侵入する紫外線を防ぐことが第一の目的であれば、ルテインを配合している飲む日焼け止め『ホワイトヴェール』がオススメです。

 

飲む日焼け止めは、それ自体で顔や体の皮膚はもちろん、目から侵入した紫外線ダメージを軽減・解消する働きが有ります。その上、体内に不足しているルテインも補填してくれます。

 

さらに、顔や身体に塗った日焼け止めクリームだけでは防ぎ切れない紫外線に対する第二のブロックとして作用してくれます。徹底的に紫外線をカットしたい人、目の健康が気になる人には、ホワイトヴェールがオススメです