楽しい沖縄旅行では紫外線に注意

 

夏休みの国内旅行はどこに行きたいですか。“青い海、白い砂浜・・・・”と言って、真っ先に思い浮かぶのは、沖縄ですよね。“行ってみたい国内旅行先”、“行って良かった国内旅行先”のアンケートにも、沖縄は毎年必ずと言っていいほどランクインしています。

 

自然も食べ物も独自の文化も楽しめる沖縄は、昔から根強い人気のある旅行先です。そんな沖縄に旅行する時に気を付けなければならないのは紫外線です。沖縄は、南国感のある気候と自然が魅力です。その分、強烈な紫外線が降り注いでいます。沖縄旅行での紫外線対策についてご紹介します。

 

沖縄の紫外線は強烈

沖縄の紫外線が強いことは、みなさまご存知だと思います。
しかし、実際に沖縄の紫外線はどのくらい強いのでしょうか。世界的に用いられているUVインデックスという指標からみていきますね。UVインデックスとは、紫外線の強さを指標化したものです。数値が高いほど、紫外線量が多いということになります。

 

気象庁データによると、
2015年の沖縄のUVインデックスは1月と12月が最も低く“3”です。
一方、6~8月の海水浴時がピークで、“9”となっています。

 

これは、筑波や札幌と比べて、相当高い数値です。
筑波のUVインデックスは、1月と12月に“1”、最も高い7月に“7”です。
札幌のUVインデックスは、1月と12月に“1以下”、7月に“6”です。

 

他の観測地と比べると、沖縄のUVインデックスは格段に高いことが分かります。
特に、海水浴時の“9”という数値は非常に高く、この時期は『外出時は必ず長袖シャツ、帽子、日焼け止めを使用。可能な限り、外出を控える。』ことが推奨されている程です

 

強い紫外線をお肌に浴びてしまうとどうなる?

それでは、強い紫外線を浴びてしまうと、お肌はどうなってしまうのでしょうか。まず、紫外線を浴びると、お肌が黒くなったり、赤くなってヒリヒリしたりします。

 

これは、どちらも紫外線による影響で、黒くなるか赤くなるかは肌質により異なります。

 

赤くなるのは、日焼けした部位の皮膚が、火傷と同じような状態になっているためです。黒くなるのは、皮膚の細胞の中にあるメラニンが増加したためです。

 

どちらも、美肌を維持するために望ましい現象では有りません。さらに、紫外線の影響は目に見えて分かる範囲にとどまりません。皮膚の奥にまで侵入した紫外線は、細胞にダメージを与えます。

 

お肌の真皮を構成するコラーゲン繊維やエラスチン繊維を変性させ、お肌からハリや弾力を奪います。メラノサイトを過剰に活性化させて、シミの原因を作ります。紫外線の蓄積は、細胞レベルで私たちのお肌に悪影響を与え、お肌の老化を促進します。

沖縄の紫外線ダメージを防ぐための服装

 

沖縄のように紫外線が強い地域では、どのような紫外線対策を行うべきなのでしょうか。第一に、紫外線を直接浴びてしまわないように、服装に気を使ってみましょう。

 

紫外線対策と言えば、日焼け止めクリームが一般的です。

 

しかし、本当に強い紫外線をクリームだけで防ぐことは難しいです。なるべく、日に当たる身体と顔の面積を減らしましょう。まず、袖は半袖やノースリーブではなく、長袖のシャツにしましょう。

 

 

もちろん、気温の高い地域ですから、麻など涼し気な素材を選びましょう。日に焼けやすく、日焼けによるシワの影響が大きい個所の代表格は首です。

 

首回りは、ストールを巻いて、直接日を浴びない工夫をしましょう。そして、ロングスカートやロングパンツで足首まで隠せるものを履くと、なお良いでしょう。こちらも、素材にこだわって、涼し気なものを選びたいですね。

 

沖縄でオススメな日焼け止め

服装に気を付けた次は、露出している部位におけるお肌の紫外線対策です。日焼け止めクリーム、ジェル、スプレーを用いて、しっかりと紫外線対策を行いましょう。日焼け止めに用いるタイプは、クリームタイプがオススメです。
ジェルタイプもスプレータイプも、きちんと信頼のおける製品を適切に使う分には問題有りません。
飲む日焼け止めサプリは日焼けしたアフタケアも可能 

 

ジェルタイプは伸びが良い分、表記されているSPFやPA値よりも効果が低くなってしまう特徴が有ります。
そして、何よりジェルタイプによく配合されているエタノールやDPGは、お肌によっては刺激を感じてしまいやすい成分と言えます。もちろん、ジェルタイプの日焼け止めにも優秀な製品はたくさん有りますが、選ぶ際には少し注意が必要です。

 

スプレータイプの日焼け止めはジェルタイプよりも、効果や持続時間が短いと言われています。
手を汚さずに塗れるお手軽さは魅力ですが、紫外線の強い地域には向かないでしょう。

 

 

沖縄旅行で使う日焼け止めクリームを選ぶ際には、SPF30~50程度、PA+++以上の性能のものがオススメです。ポイントとしては、“普段使いの日焼け止めよりも強めの効果”と“お肌に優しいこと”が挙げられます。

 

暑い地域に行く時は、SPFの数値にばかり目が行きがちです。しかし、紫外線による日焼けは防げても、日焼け止めやクレンジングの刺激でお肌はボロボロ・・・なんてことにならないよう、お肌に優しい低刺激な仕様のものを選びましょう。

 

お肌に低刺激な成分を見つける目安としては、紫外線吸収剤を使っているかどうかが大切です。“紫外線吸収剤不使用”、“ノンケミカル”という表記が有れば、紫外線吸収剤を使用せずに紫外線散乱剤のみで構成された日焼け止めです。

 

オススメの日焼け止めクリームは日焼けがヤバイ!ハワイに持っていきたい紫外線対策アイテムはコレだを参考

 

徹底的な紫外線ケアには飲む日焼け止めの併用

「沖縄旅行でも絶対に焼きたくない」、「旅行先でも日焼け止めを厚塗りしたくない。」、「お肌に負荷を与えずに、紫外線対策をしたい。」・・・そんな方にオススメなのは、日焼け止めクリームと飲む日焼け止めの併用です。

 

飲む日焼け止めはご存知でしょうか。
最近、注目を浴びている画期的な紫外線対策です。

 

1日2~4粒の日焼け止めを飲むだけで、身体の内側から紫外線対策効果を発揮してくれます。飲む日焼け止めを併用すると、日焼け止めクリームを厚ぼったくなるまで塗ったり、何度も塗り直してお肌に刺激を与えてしまったりすることはありません。効果的な紫外線対策を行うことが出来ます。

 

むしろ、ご自分の肌質に合った飲む日焼け止めを利用することで、美肌を作りながらの紫外線対策が可能になるかもしれません。

 

沖縄旅行にオススメな飲む日焼け止めはホワイトヴェール

 


>>ホワイトヴェールの詳細はコチラ
沖縄旅行で使用するのに、オススメの飲む日焼け止めはホワイタスです。飲む日焼け止めと一口に言っても、多くの製品が販売されています。

 

製品ごとに様々な特徴が有りますが、
ホワイタスは敏感肌や乾燥肌に特化した美容成分が多く配合されている製品です。

 

よって、もともと敏感肌や乾燥肌の人はもちろん、旅行の疲れや気候の変化で疲れたお肌のバリア機能を高めるのにも有効です。

 

普段、生活をする中でも、お肌の調子が良い時もあれば、悪い時も有りますよね。そんな時に、お肌のバリア機能をサポートする成分を補填出来る飲む日焼け止めを持っていると、安心感があります。

 

ホワイタスは、旅行先でも普段の生活でも有用な飲む日焼け止めです。

 

 

いかがでしたでしょうか。楽しい沖縄旅行をより楽しくするために、事前に知っておきたい紫外線対策について、ご紹介させて頂きました。紫外線対策をちょっと意識するだけで、旅行時や旅行後のお肌が変わります。沖縄で海も自然も食べ物も思い切り楽しみましょう。そして、出発前より美しいお肌の自分で帰りましょう。