日焼け止めスプレーの効果的な使い方

「毎日毎日、日焼け止めを塗るのがめんどくさい。」、「朝、時間が無い中、紫外線対策をするのが苦痛。」そんな風に思ったことは有りませんか。紫外線対策は毎日欠かせないものだからこそ、少しでも効率良くしたいですよね。

 

日焼け止めクリームを塗るよりも、スプレーをかけた方が圧倒的に時間短縮になります。でも、日焼け止めスプレーの存在を知っていても、実際使っている人は少ないです。

 

なんとなくお肌に良くないイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。さて、果たして日焼け止めスプレーはお肌に悪いのでしょうか。日焼け止めスプレーの効果的な使い方をご紹介いたします。

 

日焼け止めスプレーって、効果や時間は?

日焼け止めスプレーの効果は、スプレーする量により異なります。
しかし、一般的には、クリームタイプやジェルタイプの日焼け止めよりも持続時間が短くなりがちです

 

なぜかと言うと、スプレータイプは水分が多いので皮膚から流れ落ちやすくなってしまいます。海やプールで水に触れたり、汗などでも簡単に落ちてしまいます。よって効果は他タイプの日焼け止めよりも低いと思って良いでしょう。

 

日焼け止めスプレーを顔には

日焼け止めスプレーを顔に使用するのは、正直あまりオススメ出来ません。
オススメするメリットがほとんど有りません。

 

日焼け止めスプレーの最大のメリットであるお手軽さという観点から考えていきますね。そもそも、身体専用スプレーは噴霧力が強いため、顔には使用出来ません。

 

顔にも使用できる全身用スプレーは一見お手軽に思えますが、顔に使用する際は、一度手に付けて、手から顔に塗布する必要があります。

 

これは二度手間です。顔の皮膚は身体のよりもデリケートです。
全身用スプレーを使うくらいなら、普通に顔用の刺激の少ない日焼け止めクリームを使った方が良いでしょう。

 

顔用の日焼け止めスプレーであれば、顔にもスプレーして使うことが出来ます。しかし、先ほどの段落で述べたように、日焼け止めスプレーの効果は他よりも低いです。

 

よって、結局塗り直しの回数を多くする手間がかかります。さらに、顔にスプレーすると、ムラができやすくなります。しっかり紫外線対策したい顔には、スプレーでなく塗るタイプ、もしくは飲むタイプの日焼け止めがオススメです。

 

オススメは髪など?

顔にはあまりオススメ出来ないスプレータイプですが、身体や髪の日焼け止めとしては優秀です。特に髪の毛は、紫外線対策が難しい場所です。髪の毛は死んだ細胞からできています。

 

よって、紫外線により受けたダメージを修復することは出来ません。にも関わらず、日焼け止めクリームやジェルを塗ることが出来ません。帽子を被ることで部分的には紫外線をカットできても、肝心の傷みやすい毛先が日光に曝されるのを防げません。しかし、日焼け止めスプレーであれば、お手軽に髪の毛の紫外線対策が出来ます。

 

日焼け止めスプレーの商品

 

【アジュバン ボディプロテクト】\3,780-(税込)
詳細はコチラ
顔には使えない全身用の日焼け止めスプレーです。
しかし、美容液を配合するなど、成分にこだわっており、髪や身体への紫外線を防ぎながら潤いを与えてくれます。サロン専売品なので、お近くの美容室やエステサロンにて購入します。

 

 

【ママバター UVケアミスト アロマイン 90ml】\1,608-(税込)

 

詳細はコチラ
スプレータイプに加えて良いか少し疑問ですが、ミストタイプの日焼け止めです。ベビースキンケアで人気のママバターが手掛ける日焼け止めは、もちろんシアバターを配合しています。

 

ゼラニウム、シトロネラ、ローズマリー、レモングラス、ユーカリのアロマオイル配合で、日焼け止めのみならず虫よけ対策効果もあります。アウトドアにオススメのミストです。

 

飛行機に持ち込める

夏の旅行や南方面への旅行で日焼け止めスプレーを使いたい場面も多いと思います。日焼け止めスプレーは、飛行機内に持ち込めるのでしょうか。日焼け止めスプレーは機内では”液体物”として扱われます。

 

したがって、国際線であれば、『1つ100ml以下の容器に入っていること』、『透明なビニール袋にまとめられていること』というルールを守る必要があります。

 

さらに、スプレーは危険物扱いなので、『0.5kg/0.5l、2kg/2l以内』という規定を守る必要もあります。しかし、前者の条件を満たしている製品であれば、後者の条件は大体当てはまると考えられます。まとめると、小さめのスプレーでしたら機内持ち込み可能ですが、大きめの製品でしたら難しそうです。

 

処分の仕方

日焼け止めスプレーはその他のスプレー類の処分同様、中身をすべて使い切ってから処分します。使い切っていないまま、ゴミに出してしまうと、業者さんが回収する際にガスに引火して爆発することがあります。捨てる際にスプレー缶に穴を開けるように指示される自治体もあります。地域によって異なるので、お住まいの市町村におけるHPなどで確認するようにしましょう。

 

まとめ

日焼け止めスプレーはお手軽さという点で大変魅力的です。
全身や髪の毛など、普段はめんどくさくてサボってしまいがちな場所の紫外線対策にはうってつけの製品です。しかし、お顔への紫外線対策としては、お肌への影響、紫外線防御効果という観点からオススメ出来ません。

 

そういった意味で、体の中から紫外線の対策ができる飲む日焼け止めは効果的なアイテムです。体の中からのケアなので顔・腕・首・背中など全身への対策できます。詳しくは飲む日焼け止め効果で説明しています。

 

 

それぞれの紫外線対策部位にあったアイテムを使って、効率よく紫外線対策しましょう。