飲む日焼止めの飲むタイミングと持続時間

どんな道具にも、適切な使用方法があります。
効果的に紫外線ダメージを防ぐためには、日焼け止めに対する知識が必要になります。たとえば、塗る日焼け止めは、製品によって、SPFやPAの値が異なります。

 

この数値の意味が分からないと、どのような環境でどの製品を使用すれば良いか見分けることが出来ません。

 

不必要に強い日焼け止めを用いると、お肌に負担を掛けてしまいます。
また、炎天下の中、ちょっとした外出用の日焼け止めを塗っても、あまり意味は有りません。

 

 

自分の使用したい環境に応じて、
適する強さの日焼け止めを選ぶ必要が有ります。

 

そうすることで、効果的に紫外線のダメージを防ぐことが出来ます。

 

 

さて、最近注目 “飲む日焼け止めサプリ” が集め始めています。

 

飲む日焼け止めにも、塗る日焼け止めと同様に、効果的に紫外線を防ぐために知っておいた方が良い情報がいくつか有ります。その1つが、飲むタイミングです。

 

飲む日焼け止めは、どのくらいの時間効果があるのでしょうか。
また、飲んでから効果を発揮するまでにどのくらい時間がかかるのでしょうか。

 

 

 

飲む日焼け止めは主成分によって、大きく2つのグループに分かれます。

 

FernBlockを配合した飲む日焼け止めとニュートロックスサンを使用したものです。

 

 

FernBlockを含む飲む日焼け止めの代表株は、
ヘリオケアは30分後に効果が出て、
4時間ほど効果が持続すると記載されています。

 

 

ニュートロックスサンを配合している飲む日焼け止めは、
製品によって若干の差異が有りますが、
平均して30分後から効果を発揮します。
その持続効果は4〜6時間と記載されています。

 

 

さらに、
毎日1〜4粒を継続的に飲むことで、お肌を根本から日焼けに強くしていきます。つまり、即効性も有りますが、ベストなパフォーマンスを発揮するためには、2〜3か月程度の継続使用が推奨されます

 

 

飲む日焼止めサプリを飲むタイミング(体験談) 

 

具体例として、私の飲む日焼け止めの使い方をご紹介いたします。
私は、平均よりやや黒目の肌をしています。
日に当たるとすぐに黒くなる日焼けしやすい肌質です。
昔から、肌の黒さがコンプレックスでした。

 

日焼けは避けたいといつも思っているのですが、趣味の山登りはやめられないので、春から秋にかけて、段々顔が日焼けで黒くなって行くのを自分でも感じていましたが、半分諦めていました。

 

 

現在私は、ホワイトヴェールを1年間、毎日2粒飲んでいます。
長時間直射日光を浴びそうな日が有る時、たとえば登山の日は、1週間前から4粒飲んで、お肌を強い紫外線に耐えられるコンディションに持って行きます。

 

そして、登山当日は塗る日焼け止めもしっかり付けていきます。
多い時は、月に3回ほど山に登るので、ほぼ毎日4粒飲んでいるような月もあります。

 

しかし、特に副作用を感じたことは有りません。
ホワイトヴェールの1日服用量の目安は1〜2粒。でも、4粒程度飲んでも問題ないことが表記されています。

 

 

 

以前は、直射日光を長時間浴びた後は、どんなに顔が真っ白になるまで日焼け止めを塗っても、翌日すぐに黒くなってしまっていました。

 

会社の同僚にも、「昨日、また登っていたんでしょ。」と笑われるくらいです。

 

 

それが、飲む日焼け止めを継続的に利用して3か月ほどすると、そんな事はほとんど言われなくなりました。お肌が以前より白くなり、心なしか透明感も増した気がします。

 

 

会社の同僚には、「どうしたの?山登りやめたの?」、「体調でもわるいの?」と心配されたくらいです。

 

最近は、お肌自体が紫外線に強くなってきたからか、ついどちらの日焼け止めも忘れて近くのコンビニやスーパーに行ってしまった時も、以前より日焼けしにくくなった気がします。

 

 

飲む日焼け止めサプリを飲むタイミングと具体的な使用方法について、私自身の具体例を挙げてご紹介させて頂きました。飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めがカバー仕切れない範囲までサポートしてくれます。

 

お肌の老化の80%は紫外線によるダメージが原因とする説もあります。
飲む日焼け止めを効果的に活用して、いつまでも若々しい美肌を保ちましょう。

 

飲む日焼け止めランキング