SPF50は最強の日焼け止め?

紫外線対策が声高に叫ばれる現在、ほとんどのコスメブランドが日焼け止めを販売しています。1つのブランドから、いくつものラインナップが展開され、個性的な日焼け止めが開発されています。

 

デパートの化粧品フロアにも、ドラッグストアの日焼け止めコーナーにも、とても1つ1つ検討しきれない程数多くの製品が並べられています。

 

さて、そのような中、あなたは一体どのように自分が使う日焼け止めを選びますか。目に付いた可愛いパッケージですか。ネットの口コミでしょうか。

 

表記されている成分を見て判断しますか。日焼け止めの製品を手に取った時に、まず目に止まるのはSPFとPAという、日焼け止めの性能を表す指標だと思います。

 

 

“SPFの数値が高いほど、日焼け止め効果が高い。“紫外線を徹底的に防ぐために、SPF50の日焼け止めを選ぶ。”そんな風に考えている人はいませんか。

 

確かに、せっかく対策するのであれば、少しでもSPF数値の高い日焼け止めを使いたくなりますよね。しかし、その考え方は危険かもしれません。

 

□SPFの意味
そもそも、SPFとは何を表すものなのでしょうか。SPFは、Sun Protection Factorの略で、UV-Bの防止効果を表す数値です。つまり、赤くなってヒリヒリする日焼け(サンバーン)を起こすまでの時間を何倍に伸ばせるかの指標です。

 

たとえば、20分で赤くなる普通肌の人がSPF30の日焼け止めを使う場合、塗らなかったときの30倍の時間(20分×30=600分=10時間)、お肌が赤くなる日焼けを防ぐ効果が期待できます。

 

同様の条件でSPF50の日焼け止めを使用すると、通常の50倍の時間、つまり20分×50=1000分=16時間40分の間、お肌が赤くなるのを防ぐ効果が期待できます。ポイントは、SPFの数値は、UV-Bの防止時間を表しているのであって、UV-Bの防止効果の強弱を表している訳ではないという事です。

 

この理論で考えると、日焼け止めを10時間後に塗り直せば、SPF30を使おうが、SPF50を使おうが関係無いのです。さらに、一般的にはSPFが高いほどお肌に与える刺激も強いと言われています。つまり、やみくもにSPFの高い日焼け止めクリームを選んでしまうと、美白どころかお肌を痛めてしまう可能性もあるのです。

 

実際の日焼け止め効果はSPFだけでは決められない

SPFの後ろに表示されている数値は、UV-Bを防止する時間を示しています。SPF30であれば、通常の30倍の時間、UV-Bを防止するとされています。しかし、これは飽くまで理論上の話です。実際にSPF30 の日焼け止めを使って、30倍もの時間(通常20分で赤みが出る人であれば20×30=600分=10時間、25分で赤みが出る人は25×30=750分=12時間半)UV-Bを防止してくれるかと言うと、残念ながら答えはNOです。

 

なぜでしょうか。まず、日焼け止めに記載されているSPFを発揮するためには、製品ごとに差は有りますが、一般的に顔だけで500円玉大のサイズのクリームを塗る必要が有ると言われています。そして、大半の人が日焼け止めクリームの必要量を塗っていないと言われています。さらに、汗や皮脂は日焼け止めクリームを流し去ります。レジャーで炎天下に長時間曝されている時はもちろん、通常時も人のお肌は少しずつ汗と皮脂を分泌し続けています。よって、実際のUV-B防止時間は、理論よりも大幅に短くなると考えて良いでしょう。どのくらい短くなってしまうかは、塗ったクリームの量、汗や皮脂の量にも寄りますので具体的に計算することは非常に難しいです。

 

日常の紫外線対策に適切なSPFとは?

さて、それでは日常的な紫外線対策としては、どのような日焼け止めを選べば良いのでしょうか。正直に言ってしまうと、ご自分のお肌で試してみて選ぶのが1番です。

 

製品によって、SPFやPAの値はもちろん、紫外線防止効果を発揮する成分やその他の美肌成分も異なります。しかし、最初の取っ掛かりとして、SPFの値を参考にするのはとても有効でしょう。

 

まずは、SPF30程度の日焼け止めの中から日焼け止めクリームを選ぶのがオススメです。SPFが30くらい有れば、紫外線防止効果が弱すぎることは有りません。

 

そして、お肌への刺激が強すぎる可能性も低いです。

 

刺激といえば日焼けクリームには2種類のタイプがあります。
紫外線吸収剤はSPF・PA値が高く、白浮きもしにくいが、肌への刺激が強い
紫外線散乱剤はSPF・PA値が低く、白浮きしやすいが、肌への負担が少ない

 

使うと危険?肌の負担が大きい紫外線吸収剤の日焼け止めクリームここでも述べているのですが、SPF・PA値は高くても意味がありません。なので紫外線散乱剤を使ったものがオススメです。