紫外線吸収剤の日焼け止めは肌への影響はは?

“紫外線はお肌に悪い。しかし、過度な紫外線対策もお肌に悪い。
”多くの雑誌やテレビでよく聞く台詞です。「じゃあ、一体どうすればいいんだ。」と言いたくなりますよね。紫外線対策がお肌に悪影響を与えてしまうのは、紫外線対策化粧品に含まれている成分が原因です。

 

多くの成分が、確かに紫外線をある程度防いでくれますが、お肌への刺激が強かったり、お肌を乾燥させてしまったりする作用が有ります。お肌にダメージを与えることで有名なのが、日焼け止めクリームに含まれる紫外線吸収剤です。

 

しかし、お肌に悪影響が有るという事が世間に知れ渡っているにも関わらず、現在もなお多くの日焼け止めクリームに紫外線吸収剤が使用されています。

 

実は、紫外線吸収剤がお肌に悪いと言う噂は根拠の無いデタラメなのでしょうか。それとも、実際にお肌に悪いにも関わらず多くの企業が使用し続けているのでしょうか。今回の記事では、紫外線吸収剤がお肌に与える影響について、ご説明いたします。

 

紫外線吸収剤の影響

紫外線吸収剤とは、その名のとおり、紫外線を吸収する化学物質のことです。

 

紫ケイヒ酸系、ベンゾフェノン系、トリアジン系のケミカル物質が該当します。外線を取り込み、別のエネルギーに変換する働きを持ちます。多くの場合、熱エネルギーに変えられます。

 

このエネルギー変換の際には、化学反応が起きています。お肌の上で化学反応が起きるので、その刺激の強さよってお肌を荒れさせてしまうことがあります。

 

 

紫外線吸収剤を継続的に使用することで、お肌にかぶれ・湿疹・シワ・シミなどが起こる可能性が有ると言われています。さらに、環境ホルモン作用として、乳がんや子宮肥大の危険性も謳われています。

 

 

紫外線吸収剤は、日焼け止めクリームに必ず配合されている訳では有りません。紫外線吸収剤不使用の日焼け止めクリームも存在します。そのような製品は、紫外線吸収剤の代わりに紫外線散乱剤を使用しています。

 

紫外線散乱剤は、紫外線をお肌の上で反射させることで紫外線を防ぎます。お肌への影響は少ないのですが、紫外線防止効果が弱く、白浮きしやすいというデメリットが有ります。

 

お肌を痛めない紫外線対策

紫外線吸収剤は、昔から使われている紫外線防止成分ですが、お肌への様々な悪影響が知られています。多くの女性は、お肌の老化やダメージを防ぐために、毎日頑張って紫外線対策をしています。

 

その紫外線対策が、お肌にシワ・シミ・皮膚がんなど、紫外線を浴びた時と同じ結果を引き起こしてしまっては元も子も無いですよね。では、お肌を痛めずに紫外線対策を行うためには、どうしたら良いのでしょうか。

 

 

それには、紫外線散乱剤の日焼け止めクリーム飲む日焼け止めの併用がオススメです。

 

【危険!?】飲む日焼け止めサプリはどんな成分なの安全性は? 
これが、現在の紫外線対策技術の中で最もお肌に優しい方法でしょう。

 

 

紫外線散乱剤は、お肌への負担は少ないですが、紫外線防止効果がそこまで強くないという弱みが有ります。そして、飲む日焼け止めは、身体の内側から紫外線が引き起こすダメージを和らげる作用が有ります。

 

どちらも、1つだけでは日焼けを防ぎにくい方法です。しかし、併用することで、お肌のダメージを最小限に抑えながら紫外線対策を可能にします。本当にお肌に優しい方法を選んで、賢く紫外線対策をしていきましょう。