飲む日焼け止めとニキビ

ニキビのお手入れは出来てからでは治すことが大変です。予防が大切です。とは言っても、ニキビが出来やすい肌質や時期はどうしても存在します。出来てしまったニキビをなるべく早く無くすにはどうしたら良いのでしょうか。

 

また、ニキビ跡が残ってしまわないために出来ることは有るのでしょうか。実は、ニキビが出来てしまった時は、適切な紫外線対策をすることが非常に重要です。本記事では、紫外線やその対策がニキビに与える影響についてご紹介していきます。

 

紫外線でニキビが悪化

紫外線と聞くと、日焼けをイメージしますよね。
しかし、紫外線は日焼け以外にも私たちのお肌に様々な影響を与えます。その1つがニキビへの悪影響です。紫外線を浴びると、お肌が自身の細胞を守ろうと角質を厚く硬くなる過角化という現象が起きやすくなります。

 

実は、この過角化は、ニキビが出来てしまう大元なのです。ニキビは、お肌の過角化により毛穴の出口が狭まり、皮脂やアクネ菌が増殖することで発生してきます。

 

紫外線を浴び続けると、ニキビが増えたり悪化したりしてしまいます。また、紫外線はお肌の水分を奪います。お肌が乾燥すると、バリア機能が低下します。すると、お肌がちょっとした刺激にも敏感になり、炎症を起こしやすくなります。つまり、ニキビの悪化を招いてしまいます。

 

紫外線でニキビ跡を作る

紫外線はニキビ跡を残りやすくする作用も有ります。紫外線は、お肌内部でメラニンを生成させます。ニキビなど炎症を起こしている部位は、ただでさえ刺激に敏感になっています。

 

そこに紫外線が当たると、より強くメラニン生成が促進されてしまいます。結果として、色素沈着を起こしてニキビ跡としてお顔に残り続けてしまいます

 

 

紫外線クリームもニキビに悪い

ニキビを悪化させないためには、紫外線対策が必要です。しかし、紫外線対策としてよく使われる日焼け止めクリームもまた、ニキビに悪影響を与える要因となり得ます。

 

まず、日焼け止めクリーム自体がお肌の負担となります。特に、SPFが大きいクリームや、紫外線吸収剤を用いたリームはお肌へのダメージが大きいです。
使うと危険?肌の負担が大きい紫外線吸収剤の日焼け止めクリーム 

 

さらに、ウォータープルーフなど、落ちにくい日焼け止めは毛穴に詰まり、ニキビを引き起こします。紫外線を浴びてしまう事もニキビを悪化させますが、日焼け止めクリームもお肌に負担を与えることでニキビに悪影響を与えてしまうのです。
敏感肌が海で使いたいウォータープルーフの日焼け止め 

 

飲む日焼け止めニキビ

飲む日焼け止めは、ニキビ肌の人に理想的な紫外線対策です。
日焼け止めクリームによるお肌へのダメージを防ぎながら、紫外線によるダメージを防ぐことが出来ます。また、飲む日焼け止めには紫外線ダメージを軽減・解消する成分の他、様々な美容成分が配合されています。

 

【即効性が高い】飲む日焼け止めサプリメントで紫外線対策 
製品ごとに特長が有りますが、ビタミンC配合のものであれば、内側からニキビの出来にくいお肌作りが出来ます。結果として、ニキビの悪化を防ぎながら、ニキビの出来にくい肌質を導いていく事が出来ます。

 

 

 

ニキビがある方に使ってほしい飲む日焼け止めは「ホワイトヴェール」です。
口コミで絶賛!飲む日焼け止め成分で選ぶならホワートヴェールで決まり! 
日本製の飲む日焼け止めで、主成分であるニュートロックスサンも効果が見込める一定量が配合されているからです。それに、定期縛りがないので、使いたい期間だけ使って解約も自由にできます。

 

 

まとめ

紫外線はニキビを増やしたり悪化させたりする大きな要因です。お肌へのダメージを避けながら、紫外線対策を行うためには、飲む日焼け止めが適しています。

 

ビタミンC配合の製品を選ぶことで、身体の内側からニキビの出来にくいお肌作りが出来ます。そのほか、自分のなりたい理想のお肌に合わせて、適切な美容成分を配合した飲む日焼け止めを選ぶと、ニキビ対策をしながら美肌を作れます。ニキビ肌の人は今すぐ飲む日焼け止めをスキンケアに取り入れましょう。