即効性がある飲む日焼け止めサプリ

最近、新しい美白ケアとして注目を集めているのが、“飲む日焼け止めサプリ”です。
サプリメントを飲むだけ、というお手軽さが人気です。

 

しかし、あまりにも塗る日焼け止めと使用方法が異なるため、「どうやって使うものか分からない。」という人も多いのではないでしょうか。塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの大きな違いは、その名の通り、“飲む”か“塗る”かです。

 

塗る日焼け止めは、お肌の上に塗布することによって、身体の外側から紫外線のお肌内部への侵入を妨げます。塗った直後から、紫外線対策効果が発揮します。

 

一方、飲む日焼け止めは、サプリメントを体内に取り入れることによって、身体の内側から紫外線対策をします。よって、サプリメントを飲んでから少しだけ時間がかかります。

 

では、飲む日焼け止めを使って紫外線対策をしたい場合は、外出するどのくらいの前にサプリメントを飲めば良いのでしょうか。今回の記事では、飲む日焼け止めサプリの即効性についてご紹介いたします。

 

 

即効性がある飲む日焼け止めサプリ

飲む日焼け止めが効果を開始するまでの時間は、使用する製品によって異なります。しかし、基本的には、飲んで数分後、体内に成分が吸収される頃には紫外線の影響を和らげるようです。

 

 

製品のパッケージや説明書に、『飲んで▽分後から○時間効果が持続する』と記載がありますので確認してから使用しましょう。その製品が推奨する使用方法に従って飲みましょう。たとえば、ヘリオケアは、飲んで30分後に効果が発揮れ、その持続時間は4時間程度とされています。

 

 

また、飲む日焼け止めの中には、継続利用によってお肌が紫外線に強くなるという性質のものもあります。そのようなタイプであれば、もちろん飲んで数十分後の効果も期待できますが、ベストパフォーマンスのためには継続的に飲むことが望ましいでしょう。

 

ニュートロックスサンを主成分とする日本製の飲む日焼け止めは、継続的な服用で紫外線に強いお肌作りができること、紫外線を浴びてしまった後に飲んでも効果が有ると言われています。

 

直射日光を長時間浴びる日の紫外線対策として、飲む日焼け止めを使った場合と塗る日焼け止めを使った場合は、どのような違いが出るのでしょうか。まず、飲む日焼け止めは身体の内側から紫外線のダメージを軽減・解消するように働くので、何粒か飲めば顔だけでなく、腕や脚など身体全体の紫外線対策が出来ます。一方、塗る日焼け止めは日に当たる箇所全てにクリームを塗布する必要があります。

 

日焼したとでも対策できる

そして、飲む日焼け止めは紫外線によるダメージを防ぐものなので、強い直射日光を浴びた後にはうっすら日焼けする可能性があります。しかし、お肌を日焼けさせる原因であるメラニンは、お肌の細胞が正常であれば、新陳代謝によってお肌の古い細胞と共に排出されていきます。

 

シミとしていつまでも残ってしまう原因は、紫外線によるダメージによってメラニンを産生するメラノサイトという細胞が過剰にメラニンを生成するような状態に変異してしまうからなのです。

 

つまり、紫外線を浴びて一時的にメラニン量が増えてしまっても、紫外線によるダメージの蓄積が無ければ、紫外線を浴びる前の状態に戻りやすいと言えます。重要なのは、お肌のメラニン量ではなく、メラニンを生成する大元であるメラノサイトが正常な状態であるかどうかなのです。

 

即効性もあり紫外線に強い肌作り

飲む日焼け止めは基本的に即効性がありますが、継続利用することで紫外線防止効果も高まるタイプのサプリメントもあります。そのようなタイプの飲む日焼け止めは、一定期間飲み続けている状態の方が、より強い効果を発揮できます。なので、紫外線対策としては2通りの方法が考えられます。

 

1つ目はしっかり紫外線対策をしたい日だけ、飲む日焼け止めを利用する方法です。これは、飲む日焼け止めの即効性を活用しています。

 

 

2つ目は、長時間直射日光を浴びないといけない日に合わせて、事前に計画的にサプリメントを飲む方法です。そうすることで、直射日光を浴びる当日に、お肌を最大限まで紫外線に強い状態にまで整えることが出来ます。

 

これは、継続利用によって紫外線防止効果が高まる作用を活用しています。ご自分のライフスタイルに合わせて、ベストな方法で飲む日焼け止めを利用しましょう。いつまでもシミ・しわ・くすみ知らずのお肌を維持しましょう。
飲む日焼け止めの副作用やアレルギーは?!こんな人にはオススメできない

 

飲む日焼け止めランキング