落ちない日焼け止めフィルムスキンUVの効果が凄い

私たちは歳を重ねるごとにシミ、シワ、たるみなど肌の悩みが増えてきます。これらは加齢といった問題もあるのだが、最も影響を与えているのが紫外線です。

 

約80%の肌老化が紫外線だといわれているほど。紫外線から肌を守るために、多くの方が日焼け止めクリームを使っています。しかし、メイクの崩れやすくなったり、白浮きしたり、肌の負担がかかったりとデメリットも多い。

 

そんな悩みを持っている方に使ってほしいのがフィルムスキンUVです。肌に特殊フィルムをはることで、従来の日焼け止めクリームのデメリットを解消してくれる新アイテムです。フィルムスキンを凄さがわかれば、もうクリームは必要ありません。

 

フィルムスキンUVの正体

フィルムスキンUVとは
フィルムスキンUVっという名前を聞いて、あなたはどのようなアイテムだと想像したでしょうか。

 

フィルムと書かれているぐらいだから、肌に透明のパックのようなものを付けて、紫外線対策をするもの?そのように感じませんでした?

 

フィルムによって紫外線を対策することには違いないのですが、フィルムそのものを付けるわけではないのです。

 

 

UVカット成分が入った液体を肌に塗り、しばらくすると液体がフィルムに変化するという仕組みになっています。フィルムの厚さはわずか30μmです。肌に付けている感覚がないほどの極薄フィルムです。勿論、フィルムは透明なので、不自然な仕上がりになることはありません。

 

フィルムスキンUVの効果は

フィルムスキンUV効果

肌老化を進める原因の一つが太陽光に含まる紫外線です。紫外線は波長の長さによってA波、B波、C波にわけられますが、地上に届くはA波とB波です。

 

肌が赤くなってヒリヒリする、いわゆる日焼け(サンバーン)を起こすのはB波(UVB)。A波(UVA)は肌の奥まで届き、肌老化の原因を招きます。

 

 

少しでも紫外線の影響を受けないようにするため、PA値やSPFの高い日焼け止めを使っている方も多いと思います。

 

しかし、効果が高くなると肌への負担も強くなり肌トラブルに悩む方も少なくありません。

 

 

フィルムスキンUVはUVB、UVAどちらの波長帯でも効果が発揮され、SPF、PAは最上ランクとの噂も。

 

でも、刺激が強くなるのでは・・・

 

確かに、フィルムスキンUVには刺激の強い紫外線吸収剤が使われています。しかし、紫外線吸収剤は皮膜(フィルム)の内包されています。

 

刺激と成分と肌を隔離しているといった方がわかりやすいですね。

 

つまり、フィルムスキンUVを使ったからといって、肌を痛める心配も少なくなります。

 

水や汗に強い

 

フィルムスキンUVは水が強いという特徴もあります。

 

日焼け止めクリームは汗によって落ちてしまい、効果を守るためには何度も塗り直す必要がありました。

 

フィルムスキンは特殊なフィルムで肌を守っており、汗をシャットアウトします。そのため、汗によってフィルムが剥がれるといった心配がないので、日焼け止めクリームのように何度も塗り直す必要はありません。

 

 

また、フィルムスキンUVは耐水性が強いため、海やプールなど水にさらされても効果を失いにくい特性があります。

 

ウォータプルーフとフィルムスキンUVを8時間海水につけて、塗布保持量を比較した実験によると、ウォータプルーフを大きくうわまわる、圧倒的な差で示した。

 

「落ちない日焼け止め」といわれているのはこのことからでしょう。

 

 

まとめ

フィルムスキンUVは日焼け止めの弱点をフィルムスキン技術によって補っており、高UVカットで水に強い、そして肌に優しい3拍子揃った最新の日焼け止めアイテムといえます。

 

フィルムスキンUVの商品化2018年3月の予定だそうです。どのような商品となるのか、楽しみですね。

 

情報がわかり次第、追加していくので楽しみにお待ちください。