飲む日焼止めサプリのこんな人は飲んだら駄目

新しいスキンケアを始めるとき、気になるのはお肌に思わぬダメージを与えないかどうかですよね。特に、飲む日焼け止めは、体の内側から紫外線対策を行うサプリメントです。

 

サプリメントを飲むことで、その中に配合されている成分を全て体内に取り込んでしまいます。お肌の表面に塗る化粧品より、さらに安全面が気になる人も多いと考えられます。飲む日焼け止めを飲むことで、生じてしまう副作用は無いのでしょうか。または、アレルギーの可能性は無いのでしょうか。この記事では、飲む日焼け止めがお肌や身体に害を与える危険性について検証します。

 

飲む日焼止めは副作用の心配はない

第一に、サプリメントは医薬品とは異なります。よって、医薬品ほど強い副作用の心配はありません。しかし、たとえばビタミンのサプリメントも、種類によっては摂りすぎることで身体に害を与える危険があります。なので、服用量は製品ごとの記載をきちんと守って飲む必要があります。

 

また、医薬品とサプリメント成分を併用することで、医薬品の作用に影響を与える場合があります。日常的に飲んでいる薬が有る場合は、担当医の確認を取ってから服用する必要があります。

 

 

もし、飲む日焼け止めで、何らかの害を与えられてしまうとしたら、アレルギー反応が起こる可能性がもっとも高いでしょう。

 

たとえば、
ヘリオケアはシダ植物由来成分なので、
シダアレルギーの人は避けた方が無難です。
 
ニュートロックスサンは
シトラス果実とローズマリーから抽出した
天然ポリフェノールなので、
これらにアレルギーが有る人は避けた方が賢明です。

 

 

また、日本製の飲む日焼け止めサプリメントにはエビ・カニ由来成分が含まれていることが多いので、甲殻類アレルギーの人は注意しましょう。

 

これらのアレルギーを持つ人は、ヘリオケアを試してみると良いかもしれませんね。

 

妊婦は飲む日焼止めは控えたほうがいい

妊娠中や産後の方は、日本製の飲む日焼け止めを使用できないことです。日本製の飲む日焼け止めは、ニュートロックスサンを配合しています。

 

ニュートロックスサンに含まれているローズマリーの成分は子宮を刺激するため、妊娠中や産後の方に悪い影響を与えると言われています。また、アレルギーではなくても、稀に体質の個人差で肌荒れを起こすなど副作用の報告があります。

 

たとえば、ヘリオケアでは、極まれに消化不良やお肌の痒みが生じた例が知られています。もし、飲む日焼け止めを使い始めてからお肌や体調に異変を感じたら、すぐに使用を停止して様子を見てみましょう。

 

塗る日焼止めの肌荒れもなくなる

 

飲む日焼け止めは、副作用の危険性が低い製品と言えます。
むしろ、塗る日焼け止めの量が減ることで、肌荒れ改善効果が期待できます。しかし、特定成分のアレルギー反応や、ごく少数ではありますが体質によっては副作用の心配があります。

 

アレルギーに関しては、購入前に成分表示を確認しましょう。そして、副作用に関しては、利用開始時はお肌や身体の変化に注意して様子をみましょう。服用量も最初は規定よりも少なめで始めるのが安心です

 

飲む日焼け止めサプリは日焼けしたアフタケアも可能

 

飲む日焼け止めランキング