飲む日焼け止めサプリは日焼けしたアフタケアも可能

レジャーで楽しんでいる時、外勤で仕事にのめり込んでいる時・・・・・
他のことに集中していると、ついつい紫外線ケアをおろそかにしてしまいがちです。紫外線ケアが不十分なために、つい日焼けしてしまうのがよくあるパターンです。

 

万全な紫外線対策を目指すのであれば、こまめに日焼け止めクリームを塗り直す必要があります。しかし確かに、紫外線ケアは重要ですが、常に気にしていてはレジャーも楽しめないし、仕事にもならないですよね。

 

海で夢中になって遊んでいたので、ウッカリ日焼け止めクリームを塗り直し忘れてしまった。そんな時の対処法が有れば、安心してレジャーにも仕事にも集中できるのではないでしょうか。
【飲む日焼け止め必須】色白は紫外線を影響を受けやすい 

 

実は、最近人気の飲む日焼け止めの中には、アフターケアが可能なものがあります。紫外線対策を忘れてしまった時や、その対策が完全でなかった時に、日を浴びた後のアフターケアで美白肌を取り戻せまたら、こんなに嬉しいことはないですよね。この記事では、飲む日焼け止めのアフターケアについてご紹介いたします。

 

日焼けした後にも効果がある飲む日焼け止め

 

なぜ飲む日焼け止めサプリには、アフターケアの効果があるのでしょうか。飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めとは異なるメカニズムで日焼けを防いでいます。

 

塗る日焼け止めは、お肌の表面に塗布することで、お肌の表面や内部への紫外線の侵入を防ぎます。一方、飲む日焼け止めはお肌に紫外線を侵入させてしまうことは防げません。しかし、紫外線が侵入した後に起こる“お肌へのダメージ”と言われる様々な化学反応や細胞の変化を軽減したり防いだりすることが出来ます。

 

紫外線から受けるダメージは、日光を浴びている間だけではなく、むしろ紫外線が侵入した後に起こる様々な反応によりもたらされているのです。
【危険!?】飲む日焼け止めサプリはどんな成分なの安全性は? 

 

飲む日焼け止めは、この紫外線が侵入した後の悪い作用を防ぐように働きます。従って、日焼けしてしまった(日光を浴びてしまった)後でも効果を発揮できるのです。 

 

 

塗るタイプの日焼け止め、たとえば日焼け止めクリームは、直接紫外線を防ぎます。うまく使用すれば、紫外線の大部分がお肌に透過していくのを阻止することができます。しかし、実は日焼け止めクリームの効果を完全に発揮するのは難しいのです。ほぼ不可能といってもいいでしょう

 

日焼け止めクリームに記載されている、紫外線を防ぐ効果の指標であるSPFとPAの効果を発揮させるためには、厚化粧の一言で済ませられないほどの厚さでクリームを塗らなければなりません。

 

とても普通に外を歩けるような塗り方ではありません。そして、もちろん汗や皮脂で流れたり薄くなったりした時は、塗りなおさなければ効果は薄れてしまいまいます。塗り直しによる過度の日焼け止めクリームは、お肌に負担を掛けます。お肌の負担はニキビや肌荒れを引き起こします。

 

 

飲む日焼け止めサプリは、お肌に透過してくる紫外線を防ぐことはできません。しかし、紫外線によるダメージを緩和・阻止する作用があります。

 

そのため、日光を浴びている時だけでなく、日焼けしてしまった後のアフターケアとしての効果も期待できます。さらに、ニュートロックスサン配合の飲む日焼け止めであれば、継続的に飲むことで、紫外線のダメージを受けにくいお肌を作ることもできます。

 

日焼けしてしまった後のアフターケアとして、根本から紫外線に負けないお肌を作るため、強い日差しを浴びる時にクリームと併用するために。飲む日焼け止めは、あなたの好みやライフスタイルに合わせて様々な方法で利用できます。

 

いざと言う時の保険として、アフターケアが可能な飲む日焼け止めが手元にあると安心ですよね。美白ケアとお手軽さを両立して、効率的に美肌作りをしていきましょう。

 

飲む日焼け止め成分で選ぶならホワートヴェールで決まり!